診療体制

腫瘍内科

  • 概  要
  • 医師紹介

特徴

がん薬物療法の専門家として

“がん薬物療法の専門家”として、がん診療に関わる診療科や医療スタッフと連携し、これまで臓器別で診療が行われていた各種腫瘍に対する「がん薬物療法」を、腫瘍学を背景とした臓器横断的で専門的な視点に基づき実施しています。希少がん、臓器別分類が困難ながん、重複がん等の診療も、他科との連携のもとで行っています

最新のエビデンスに基づいた標準治療を、専門医としての知識・経験を患者さまのために最大限活用しつつ、患者さまの生活や地域に密着した形で行えるように常に努めています。

抗がん剤治療中も患者さまにできるだけ苦痛なく過ごしていただけるよう、緩和ケアチームと連携し、抗がん剤治療中に必要な緩和ケアを積極的に行っています。

Daido Medicineのがんサポート

地域の先生方へ

このような方をご紹介ください

がん薬物療法、腫瘍一般の問題などに関し、なんでもご相談ください。

  • 原発不明がんの患者さま
  • 希少がんの患者さま
  • 臓器別分類が困難ながんの患者さま
  • 重複がんの患者さま
  • 緩和ケアと化学療法の両立が必要な患者さま
  • 化学療法の適応があるのかどうかがわからない、実施について検討が必要な患者さま
  • 化学療法の副作用が疑われ、対処が必要な患者さま

管理医師

伊藤公人 部長

Dr. Masato ITO
所属学会
日本内科学会、日本臨床腫瘍学会、日本血液学会、日本輸血・細胞治療学会、日本癌学会、米国内科学会(ACP)、日本造血細胞移植学会、日本感染症学会、日本緩和医療学会、日本化学療法学会、日本エイズ学会、日本乳癌学会、日本臨床倫理学会、日本医学教育学会
資格
日本内科学会認定内科医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、日本血液学会認定血液指導医、日本血液学会認定血液専門医、日本エイズ学会認定医、日本化学療法学会抗菌化学療法認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本性感染症学会認定医、JMECCインストラクター、ICD制度協議会認定ICD、日本臨床倫理学会認定臨床倫理認定士、厚生労働省緩和ケア研修修了医、緩和ケアの基本教育のための都道府県指導者研修修了
公職
名古屋市立大学医学部臨床准教授、NPO法人卒後臨床研修評価機構(JCEP)サーベイヤー、ACP(米国内科学会)日本支部 Health and Public Policy Committee委員、日本医学教育学会代議員
専門領域
血液疾患全般、化学療法、分子標的療法 、免疫不全

ページトップに戻る

前のページに戻る