診療体制

呼吸器内科

  • 概  要
  • 主な対象疾患
  • 医師紹介
  • 臨床指標
  • 外来担当表

診療概要

地域に貢献する伝統

 肺がん・喘息・慢性閉塞性肺疾患(COPD)・肺炎など呼吸器疾患全般に幅広く担当しています。

 特に重工業産業が盛んな地域において、喘息やCOPDの治療には長年力を入れてきました。また睡眠時無呼吸症候群(SAS)外来や禁煙外来では域内に数少ない治療拠点となっているほか、在宅酸素療法や人工呼吸療法などの在宅医療まで対応しています。肺がんについては確定および手術・放射線・化学療法という標準治療を患者さまの状態に合わせて迅速かつ適切に行えることを強みとしています。

 大同病院が結核病床10床を有して、古くから地域の結核医療の一翼を担ってきた伝統を大切に、地域のニーズに応えていきたいと考えています。

地域の先生方へ

このような患者さまをご紹介ください

あらゆる呼吸器内科疾患についてご相談ください。

  • 咳嗽が長引いており、いろいろ処方したが効果が思わしくない。
  • COPD・気管支喘息が疑われるが診断が確定できていない。
  • COPD・気管支喘息で治療中であるが、治療継続の可否判断が必要。
  • 健診で胸部異常陰影や肺機能異常が指摘されたため、精査が必要。
  • 通院中の患者さんに胸部異常陰影が出現した。
  • 肺がんの患者さんのセカンドオピニオン。

 

患者さまの紹介方法

主な対象疾患

肺がん

近年のわが国の死亡者数第1位である「がん」のなかでも、「肺がん」は最も多い疾患です。当院では、画像・気管支内視鏡検査・CTガイド下経皮肺生検などにより、迅速な確定診断と治療方針の決定を心がけています。

手術適応例については、当院胸部外科と協力して開胸手術・胸腔鏡による手術を行い、病状によっては愛知県がんセンター病院および名古屋市立大学病院の呼吸器科、放射線科、胸部外科と協力してさまざまな治療に取り組んでいます。

内科では化学療法による治療を担当し、EGFR(がん細胞の増殖に関わるたんぱく質)遺伝子異常の検索など、一般病院で可能な検査を通じてエビデンスに従った治療を提供しています。患者さまのQOL(Quality of Life:生活の質)を尊重し、外来での肺がん化学療法も積極的に導入しています。

 

肺がんの診断・治療

喘息

気管支喘息の治療の基本はステロイド吸入です。当院では気管支喘息に関してほぼ全例に吸入ステロイド(ICS) を処方しております。

やや症状の進行した患者さまには、気管支を広げる作用のある長時間作用性Β2刺激薬と吸入ステロイドが一緒になった配合剤(ICS/LABA) 、重症喘息患者さんに対しては長時間作動型抗コリン剤(LAMA) も使用しています。さらに重症化した場合には、IgE 抗体治療も含め、選択肢が増加しています。

呼気NO検査、呼吸抵抗測定、スパイロ検査、気道可逆性検査などは診断目的、治療経過観察目的に行っており、重症度に応じて段階的に、精度の高い喘息治療をめざしています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

当院は年間50 例以上の入院症例があり、これは愛知県内で有数の症例数です。外来でも100 名/月程度の通院患者さんの治療にあたっております。ガイドラインに従い、呼気NO検査、呼吸抵抗測定、肺機能検査、画像診断等を行うことでより適切な診断確定を行い、個々の病態にあった治療法の選択を行います。COPD 治療の第一選択は長時間作動型の気管支拡張薬吸入であり、長時間作動型抗コリン剤(LAMA)、長時間作動型β2 刺激薬(LABA) を単剤または複数を使用します。また、禁煙指導を主とした生活指導、吸入薬も含めた薬物治療、呼吸器リハビリテーションによる呼吸機能の維持・改善など、多面的に治療しています。

<h4 class=”title_style5″>在宅酸素療法(HOT)</h4>

生活の質の向上のため在宅酸素療法・鼻マスクによる補助的人工呼吸などの治療を行っています。患者会を通じた情報発信も行っています。

呼吸器感染症

間質性肺炎

年間50例以上の入院があり、多くは特発性間質性肺炎(IIPs)です。予後不良疾患である特発性肺線維症(IPF)の鑑別を放射線診断医と合同で行い、その他の特発性間質性肺炎との鑑別を積極的に行っています。
NSIP(非特異的間質性肺炎)など特発性肺線維症以外の病態が疑われるときは外科に依頼して積極的にVATS(ビデオガイド下胸腔鏡下肺生検)を実施、病理医、放射線科医と意見を交え、診断確定が行えるよう努めています。

 

肺結核

当院は空気感染防止を確実に実施できる10床の2類感染症病棟を持っており、感染症法に基づく結核排菌患者さまの入院治療が可能です。また総合病院の利点を生かして、合併症を持つ肺結核排菌患者さまの入院治療が可能な愛知県でも数少ない施設の1つです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)

毎週水曜日の午後、クリニックにて専門外来を開設しています。いびきがひどく熟睡できない、昼間眠くてしかたがないといった悩みをお持ちの方が対象です。肥満傾向の方は特に注意が必要です。

1泊2日の入院にて終夜睡眠ポリグラフィー(PSG)検査を行っています。

治療対象者には陽圧持続呼吸(CPAP)による治療を行っています。導入時には1泊2日の入院にて指導を行い、通院しやすい医療機関も積極的に紹介しております。

管理医師

沓名健雄 主任部長

所属学会
日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本内科学会、日本感染症学会、日本結核病学会、日本肺癌学会
資格
日本呼吸器学会認定呼吸器指導医・専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡指導医・専門医、日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医、日本内科学会認定総合内科専門医・認定内科医、厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
呼吸器疾患全般

吉川公章 宏潤会名誉理事長

所属学会
日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本内科学会、日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会、日本肺癌学会、日本結核病学会
資格
日本呼吸器学会認定呼吸器指導医・専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡指導医・専門医、日本内科学会認定内科医、日本結核病学会結核・抗酸菌症認定医・指導医、厚生労働省緩和ケア研修修了医
公職
名古屋市立大学医学部臨床教授、藤田保健衛生大学医学部客員教授、名古屋市公害診療報酬 審査委員、愛知県公害診療報酬審査委員、名古屋市感染症予防協議会委員、名古屋市感染症診査協議会委員、日本結核病学会功労会員、日本呼吸器内視鏡学会特別会員
専門領域
呼吸器疾患全般

西尾昌之 宏潤会理事/部長/大同老人保健施設長

所属学会
日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本内科学会、日本臨床腫瘍学会、日本癌学会、日本癌治療学会、日本肺癌学会、日本結核病学会、日本CT検診学会、日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会
資格
日本呼吸器学会認定呼吸器指導医・専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡指導医・専門医、日本結核病学会認定結核・抗酸菌症指導医、日本内科学会認定総合内科専門医、日本内科学会認定内科医、日本臨床腫瘍学会暫定指導医、肺がんCT検診認定医師、日本がん治療認定医機構認定暫定教育医、厚生労働省緩和ケア研修修了医
公職
名古屋市立大学医学部臨床教授、日本内科学会東海地方会評議員、日本呼吸器学会代議員、日本結核病学会代議員、日本呼吸器学会代議員
専門領域
呼吸器疾患全般、肺腫瘍

石原明典 部長

所属学会
日本呼吸器学会、日本呼吸器内視鏡学会、日本アレルギー学会、日本感染症学会、日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会、日本糖尿病学会、日本プライマリ・ケア連合学会、日本内科学会、厚生労働省緩和ケア研修修了医
資格
日本呼吸器学会認定呼吸器専門医、日本呼吸器内視鏡学会認定気管支鏡専門医、日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医、日本内科学会認定内科医
専門領域
呼吸器疾患全般

スタッフ医師

岡田曉人
所属学会
日本呼吸器学会、日本内科学会、日本結核病学会
資格
日本内科学会認定内科医、厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
呼吸器疾患全般
平田雄也
所属学会
日本内科学会
資格
日本内科学会認定内科医、厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
呼吸器疾患全般
榊原一平
所属学会
日本内科学会
資格
厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
呼吸器疾患全般
天草勇輝
所属学会
日本内科学会
資格
厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
呼吸器疾患全般

年間入院症例数

当科の延べ入院数は年間1200例を超え、肺がんと呼吸器感染症がそれぞれ1/4強を占めています。

2016年 2017年 2018年
肺炎、気管支炎(誤嚥性肺炎を含む) 311 344 258
肺・縦隔腫瘍 233 337 406
睡眠時無呼吸症候群 68 83 134
肺結核 73 96 72
気管支喘息 54 88 68
気胸 38 53 46
慢性閉塞性肺疾患(COPD) 57 55 45
間質性肺炎 51 61 69
その他 133 118 173
合計 1,018 1,235 1,271

内視鏡検査件数

2014年度 2015年度 2016年度 2017年度 2018年度
呼吸器内視鏡検査数 合計 145 146 156 172 178
 > 経気管支肺生検 97 114 78 102 108
 > 経気管支肺生検(ガイドシース併用) 13 8 12 16 5
 > 気管支内視鏡 9 3 21 22 18
 > 超音波気管支鏡下縦隔リンパ節穿刺(気管支のみ) 15 16 26 17 29
 > 気管支内視鏡および気管支肺胞洗浄 9 2 16 10 14
 > 気管支異物除去術 2 2 1
 > 局所麻酔下胸腔鏡 1 3 4 4

外来担当表

 
午前 石原明典
吉川公章
榊原一平
西尾昌之
田尻智子
沓名健雄
石原明典
岡田曉人
天草勇輝
吉川公章
沓名健雄
岡田曉人
平田雄也

専門外来
[SAS]

交代制
午後     専門外来
[禁煙外来]
(隔週)
     

予約電話番号: 052-611-6265

※変更する場合がありますので、事前に電話にてご確認ください。

ページトップに戻る