診療体制

乳腺外科

  • 概 要
  • 乳がんの
    診断と治療
  • 医師紹介
  • 臨床指標
  • 外来担当表

診療概要

精度の高い検査・きめ細かな治療

乳腺外科では、乳腺に関するさまざまな症状(しこり、痛み、乳頭分泌など)に対して診断を行い、治療方法をお示ししております。検査から治療まで乳房に対して行う診療をトータルで提供することが可能で、精度の高い検査による病変の早期発見、それぞれの患者さまに対応した最適な治療の選択ができるよう、最善を尽くしています。
当科は、日本乳癌学会専門医制度関連施設として認定され、専門性の高い診療を提供しています。

地域の先生方へ

このような方をご紹介ください

  • 乳腺にしこりがある方
  • 検診で要精査になった方
  • その他乳房に症状があり 乳がんを心配されている方 など

特色

当院はマンモグラフィー検診施設画像認定施設(A認定)であり、精度管理委員会の認定を受けた女性技師が撮影を担当、外来では読影認定医師が診察を担当しています。 乳腺超音波検査も女性技師が担当し、必要に応じて外来で担当医師が検査を施行しています。
病変がみつかり精密検査が必要と判断された場合は、その場で細胞診検査や組織生検を施行しています。さらに画像評価が必要と考えられた場合は、乳腺専用コイルを用いた乳腺造影MRI検査を施行しています。

乳がんと診断された場合はご本人の希望を考慮して、よく相談したうえで治療方針を決定しています。手術に関しては乳房温存術、色素とアイソトープを併用したセンチネルリンパ節生検を症例に応じて施行しています。
また抗がん剤による補助化学療法が必要となった場合は、外来・入院のどちらでの施行にも対応しており、外来で行う場合は化学療法センターで専属のスタッフのもと安心して治療が受けられるよう工夫しています。

乳がんは年々増加傾向にあり、罹患率では女性のがんの第1位となっていますが、検診や新しい薬物の登場などによりその治療成績は向上しています。早期発見が良い治療成績に結びつきますので、乳房に異常を感じたり、検診で精密検査となった場合などは、早めの受診をおすすめします。気楽な気持ちで当院乳腺外来を受診してください。

検査

超音波検査(エコー)

通常のエコーに加え、組織の硬度を視覚化するエラストグラフィーを使用します。腫瘤の質的診断の補助としています。

マンモグラフィ(乳房X線)検査

従来の2Dに加え、3Dマンモグラフィーを導入。さらに検査の特異度を上げていきます。

乳房造影MRI

上記検査のみでは病変の有無を確定できない場合や、がんと診断後の病変の広がりや微細病変の診断の際に用います。乳腺専用コイルを使用し、生理周期に合わせて日程を組むなど、より精度の高い検査を心掛けています。

病理検査

穿刺細胞診、分泌細胞診、針生検、吸引組織生検、摘出生検を行います。

初診時にがんを疑った場合は同日に穿刺検査を施行することで、確定診断までの期間を短縮しています。

 

吸引組織生検は、エコー下とステレオガイド下(マンモグラフィーの画像を見ながらの生検)の双方に対応しています。

治療

原発乳がんの治療は、治療法の進歩に伴い細分化しています。
進行度やがんのタイプにより、手術の方法や術前・術後に行う治療が異なります。
手術療法では乳房温存術と乳房全摘術があり、またセンチネルリンパ節生検による腋窩リンパ節郭清の有無など、多岐にわたります。
術前療法には、化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法があり、術後療法には、放射線治療、化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法があります。

手術療法

乳房温存術、乳房全摘術を施行しています。 臨床的腋窩リンパ節転移陰性の症例では、色素とアイソトープを用いた併用法でセンチネルリンパ節生検を施行し、手術中に迅速に病理検査にて転移の有無を確認しています。

薬物治療

標準治療をベースに、患者さんの状況と希望を考慮して最適な治療を提案するようにしています。化学療法は外来・入院のどちらにも対応しています。

放射線治療

温存術後の残存乳房照射は、すべての患者さんでの施行を原則としています。また、切除不能な局所進行乳がんや転移巣への緩和的照射にも適応し、良い結果を得ています。

管理医師

渡邉克隆 部長/内視鏡外科手術(小さなキズあとの手術)センター長

Dr. Katsutaka WATANABE
所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本乳癌学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、日本臨床外科学会、日本緩和医療学会
資格
日本外科学会認定外科指導医・専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医
専門領域
一般外科、消化器外科、肛門外科、乳腺外科

宇野雄祐 宏潤会理事長/だいどうクリニック院長

所属学会
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本内視鏡外科学会、日本肝胆膵外科学会、日本胆道学会、日本腹部救急医学会、日本癌治療学会、日本乳癌学会、日本静脈経腸栄養学会、日本救急医学会、日本外傷学会、日本外科感染症学会、日本Acute Care Surgery学会
資格
日本外科学会認定外科指導医・専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科指導医・専門医、日本消化器病学会認定消化器病専門医、日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡指導医・専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本消化器外科学会消化器がん外科治療認定医、日本乳癌学会認定医、日本胆道学会認定指導医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、ICD制度協議会認定ICD
公職
名古屋大学医学部臨床教授、藤田保健衛生大学大学院保健学研究科客員教授、日本肝胆膵外科学会評議員、東海外科学会評議員
専門領域
消化器外科、一般外科、乳腺外科

三宅隆史 部長

所属学会
日本外科学会、日本消化器外科学会、日本胆肝膵外科学会、日本大腸肛門病学会、日本内視鏡外科学会、日本消化器病学会、日本臨床外科学会、日本腹部救急医学会
資格
日本外科学会認定外科専門医、日本消化器外科学会認定消化器外科専門医、日本内視鏡外科学会技術認定医、日本消化器外科学会認定消化器がん外科治療認定医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医、日本医師会認定産業医
公職
日本肝胆膵外科学会評議員
専門領域
消化器外科、一般外科、乳腺外科

スタッフ医師

横井 剛
医長
所属学会
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本内視鏡外科学会、日本大腸肛門病学会
資格
日本外科学会認定外科専門医
専門領域
一般外科
中島 悠
所属学会
日本外科学会、日本臨床外科学会、日本消化器外科学会、日本消化器病学会、日本消化器内視鏡学会、日本乳癌学会
資格
日本外科学会認定外科専門医、日本乳がん検診精度管理中央機構検診マンモグラフィ読影認定医
専門領域
一般外科

手術件数

2016年 2017年 2018年
乳がん手術 32 48 38

NCDについて

当科では、手術を受けていただいた患者さまの個人情報を除いたデータに基づいて、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の外科手術・治療情報データベース事業へ参加しております。 本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。全国の医療施設診療科の皆様からご協力をいただくことで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な泌尿器科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。また、本事業に登録していただいた症例のみを用いて、各専門医制度の申請が行われるようになりました。

 

専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF:172KB)

外来担当表

 
午前 宇野雄祐 中島 悠
三宅隆史
小谷勝祥  渡邉克隆 小谷勝祥
横井 剛
午後         専門外来
[乳腺外科]
(1,3,5週)
 

予約電話番号: 052-611-6265

※変更する場合がありますので、事前に電話にてご確認ください。

ページトップに戻る