がんとともに生きる

代表的な治療法

外科治療

手術によってがん細胞を切除する

手術療法とは、手術によりがんの病巣を切除することです。
化学療法と放射線治療に並び、がんに対する三大療法のひとつです。周囲の組織やリンパ節を含めてがんを切除することが最も一般的です。血液のがん(白血病やリンパ腫など)を除いて手術療法はがんの治療法の中心とされており、第一に選択される治療法です。しかし、すべてのがんに対して手術を行うわけではなく、がん種や病期に応じて最適な治療法を選択します。

手術療法では、がんの病巣だけを切り取るのではなく、目に見えないがん細胞が浸潤しているかもしれない周りの正常組織も含めて切除します。手術療法の最大の利点は、完全に切除できれば、体内からがんを消すことができることです。最も直接的かつ根治性の高い治療法です。たとえば早期の胃がんや大腸がんで転移がない場合は手術療法でほぼ治すことができます。
一方で、手術療法の欠点は、傷や体力の回復に時間がかかるといった高侵襲な治療法であることや、切除によりその臓器の機能が低下したり、失われたりすることです。このような欠点を軽減するために、当院では皮膚に小さな穴開けて実施する鏡視下手術(胸腔鏡や腹腔鏡)を積極的に導入し、少しでも低侵襲になるように心掛けています。
また多くの臓器に浸潤もしくは転移するような高度進行がんに対しても、複数の科による合同の手術療法や、手術療法と化学療法や放射線治療を組み合わせた集合的治療を行うことにより、安全で根治性の高い治療を提供することを常にめざしています。

放射線治療

ピンポイントで放射線をがん細胞に照射する

がんにできた場所や種類によっては放射線治療の効果が高いものもあり、放射線治療をお勧めする場合があります。がんの位置に放射線を何度か照射してがんをやっつける治療です。抗がん剤を使用しながら放射線治療を行う場合もあります。

放射線治療の目的は、大きく2つに分けられます。

根治をめざす治療

放射線治療単独

がんのある部位に放射線治療だけを行う治療法です。

化学放射線療法

放射線治療と抗がん剤治療を組み合わせる治療法です。がんの種類によっては標準治療として推奨されているものもあります。

手術・薬物療法が主体の補助療法

放射線治療単独

がんをできるだけ小さくして手術で取り切りやすくすることをめざします。

放射線治療単独

手術後に、手術で切除しきれずに残ったがん細胞を死滅させ、再発の可能性を下げるために行います。

症状を緩和する治療

骨転移による痛み、脳転移による神経症状、がん組織による圧迫による症状を和らげます。手術後に再発したがんによる症状を緩和する目的でも放射線治療が行われます。

放射線治療の目的や方法、予想される副作用などは、患者さんの状況に応じて異なりますので、担当医や放射線治療医にご相談ください。

化学療法

薬(抗がん剤)によってがん細胞をなくしていく

がんに対する治療の一つに化学療法が挙げられます。抗がん剤、ホルモン剤、免疫賦活剤(体の免疫力を高める薬剤)などを行う治療です。ここでは抗がん剤に焦点を絞ってお話しします。

抗がん剤について

抗がん剤の目的は3つあります。①がんを完治する、②がん手術後の再発を予防する、③手術が困難な方に対する延命、です。
がんの種類によって、抗がん剤によく反応するものとそうでないものがあります。白血病や睾丸腫瘍などのがんは抗がん剤によって完治を目指すことができます。抗がん剤に反応しにくい種類のがんであっても、抗がん剤でがんが大きくなることを抑えることによって延命効果やがんによる苦痛を和らげることができる可能性があります。

抗がん剤にはさまざまな種類があります。がんが体のどの臓器から出てきたか、がんの種類は何かなどにより効果があると判明している抗がん剤の種類は決まっています。抗がん剤を投与する方法は、静脈注射や経口内服などが一般的ですが、筋肉注射、そして腹腔内や胸腔内などに投与する方法もあります。

抗がん剤の副作用は、だるさ、吐き気、嘔吐、脱毛、手足のしびれなどの自覚できるものと、白血球・好中球(体に入ったばい菌をやっつける細胞)の減少、血小板(出血を止める役割)の減少、血色素(体中に必要な酸素を送り届ける役割)の減少、肝機能障害、腎機能障害などが挙げられます。

今までの抗がん剤は、副作用が強いイメージが強くあるかもしれません。しかし昨今の医療技術の進展により吐き気などの副作用をよく軽減する薬剤も出てきています。当院で初めて抗がん剤を投与する場合は、副作用の評価のために原則入院で投与します。副作用が強く出なければ、その後より外来化学療法センターでの抗がん剤投与が可能となる場合が多いです。主治医とご相談ください。

内視鏡治療

内視鏡によってお腹を切らずに手術する

食道、胃、大腸、十二指腸の表面に留まっている腫瘍は、良性、悪性ともにに内視鏡的切除ができる可能性があります。大きく分けると次の3つの方法があります。

ポリペクトミー

腫瘍に金属の輪をかけて通電し出血を予防しながら腫瘍を切除します。

EMR(内視鏡的粘膜切除術)

腫瘍の下に水を注入して浮き上がらせてから、金属の輪をかけて通電し出血を予防しながら腫瘍を切除します。

ESD(内視鏡的粘膜下層剥離術)

腫瘍の下に水を注入して浮き上がらせ、電気メスを用いて周りの粘膜を切開、剥いで切除します。

いずれも切除した後は傷口が残りますので、切除2週間後までは傷口から再出血する場合があり、血を止めるために内視鏡検査を再度行うことがあります。粘膜の深いところを傷つけると穴が開いてしまうこともあり、内視鏡による処置で穴を閉じられなければ緊急で外科的手術が必要になる場合もあります。
腫瘍の種類や大きさなどにより、内視鏡的切除が可能であるかどうかが変わります。また可能な場合も外来通院で治療が可能な場合や入院での治療が望ましい場合がありますので、担当医とご相談ください。

ページトップに戻る