診療体制

整形外科

  • 概 要
  • 主な疾患と
    治療
  • 医師紹介
  • 外来担当表

早期の機能回復をめざして

四肢の外傷・疾患、関節疾患、リウマチ疾患、スポーツ障害を中心に幅広い整形外科の患者さまの治療を行っています。
治療においては、薬物療法、装具療法、リハビリテーション療法などの保存療法から手術療法まで幅広く行っています。また手術療法においては、関節鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。麻酔科医の常駐により外傷に対しては受傷後早期の手術が可能です。

 

「手外科・マイクロサージャリーセンター」では、手外科(肩関節よりも下の部分の肘関節、手関節、手指など上肢全体の治療を行います)およびマイクロサージャリー(顕微鏡を用いた微細な手術)の治療に重点を置いています。

手外科・マイクロサージャリーセンター

 

地域の先生方へ

このような方をご紹介ください

一般外傷、関節疾患、手外科領域の外傷・疾患など整形外科に関する疾患であれば、どんな症例でもご相談ください。例えば、

  • 手外科領域の外傷、疾患を認める患者さま
  • 整形外科疾患で、早期の手術・早期の社会復帰を希望される患者さま
  • 手指、足趾、手関節、肘関節の変形を認める患者さま
  • 膝や股関節痛が強く、ADL制限がみられる患者さま
  • 保存治療か手術治療か、治療方針に悩まれる患者さま
  • 骨粗鬆症が心配で骨密度測定を要する患者さま

主な疾患と治療

外傷

四肢の骨折に対しては、受傷後できるだけ早期に手術を行い、早期の機能回復、社会復帰を目指してリハビリテーションを行っています。腱や神経、血管の断裂に対しては、マイクロサージャリー(顕微鏡下の手術)での組織修復・再建を行っており、指の切断に対しては再接着術を行います。
高齢者の場合、大腿骨近位部骨折などで、ひとたび歩行できなくなると、手術をしても歩行可能になるまで長期間を要します。そこで、急性期治療が終了後もリハビリテーションが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院して十分にリハビリテーションを行えるようサポートしています。

変形性疾患

変形性膝関節症、変形性股関節症に対して薬物療法を行い、進行した症例に対しては人工関節手術を行っています。母指CM関節症、へバーデン結節、変形性手関節症、変形性指関節症に対しても薬物療法、装具療法を行い、進行した症例に対しては、関節形成術や関節固定術を行っています。

関節リウマチ

関節リウマチに対して薬物療法も行っていますが、薬物療法では対応できない関節の変形や不安定性などが原因となった機能障害や痛みに対して、積極的に手術療法(人工関節置換術、関節形成術、関節固定術)を行っています。

末梢神経障害

手のしびれや筋力低下をきたす、手根管症候群、肘部管症候群などの絞扼性神経障害に対して保存療法、手術療法を行っています。

スポーツ障害

野球肘やテニス肘などのスポーツ障害に対して保存療法、手術療法を行っています。

手外科疾患

手根管症候群、肘部管症候群、デュプイトラン拘縮、母指CM関節症、上腕骨外側上顆炎、変形性肘関節症などの治療を行っています。

 

手外科・マイクロサージャリーセンター

当院の人工関節置換術の特色

チーム医療

人工関節の治療は手術する医師や看護師だけでなく、さまざまなスタッフが関わります。手術が安全に行われるための麻酔や疼痛対策に麻酔科医、手術前からのリハビリに理学療法士、円滑な退院のためにソーシャルワーカー、など各分野の専門が「皆様の信頼と満足、それを極めることが私たちの使命です」という理念を共有してチームとして治療にあたっています。

よりよい結果のために

人工関節のよい結果とは何でしょうか。
痛みの軽減が大きな目的ですので、痛みの軽減が第一です。また、体内に入れた人工関節が長持ちすることも重要です。

痛みに対しては、麻酔科医の協力のもと手術中から手術後にかけて、背中からの持続的な痛み止めを流すことで軽減しています。また手術した部位その場所に痛み止めの薬を入れることでも痛みの軽減を図っています。
人工関節がより長い時間もつには正確な位置に人工関節を置くことが大事です。以前は主に目視などでの確認でよりよい位置に設置していましたが、特に人工膝関節置換術では慣性計測装置を用いたナビゲーションを併用して最適な位置に設置しています。

総合的な感染予防

人工関節置換術に対して、総合的に感染予防策を講じています。手術室の中でも清潔度の高い部屋を使用すること、特殊な手術着を着ること、抗生剤入りの糸を用いて縫合すること。また、感染制御室スタッフと協力して薬剤選択などの各種感染対策を行っています。

  • 人工関節置換術 術前(手指)

  • 人工関節置換術 術後(手指)

  • 人工関節置換術 術前(膝関節)

  • 人工関節置換術 術後(膝関節)

管理医師

篠原孝明 主任部長/手外科・マイクロサージャリーセンター長

Dr. Takaaki SHINOHARA
所属学会
日本整形外科学会、日本手外科学会、日本肘関節学会、日本マイクロサージャリー学会、日本リウマチ学会、日本末梢神経学会、日本整形外科スポーツ医学会、中部日本手外科研究会
資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本手外科学会認定手外科専門医
公職
日本手外科学会代議員、日本マイクロサージャリー学会評議員、NPO法人ハンドフロンティア理事、鶴舞手外科研究会 世話人、名古屋大学医学部整形外科学・手外科学 非常勤講師
専門領域
手外科、手関節外科、肘関節外科、マイクロサージャリー、末梢神経障害

渡部達生 部長

所属学会
日本整形外科学会、日本リウマチ学会、日本リハビリテーション医学会、日本骨折治療学会、日本人工関節学会、中部リウマチ学会
資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会認定リウマチ指導医・専門医
専門領域
整形外科、関節リウマチ、関節外科

スタッフ医師

能登公俊
医長
所属学会
日本整形外科学会、日本手外科学会
資格
日本整形外科学会認定整形外科専門医
専門領域
整形外科全般
増田高将
所属学会
日本整形外科学会、日本手外科学会、中部日本整形外科災害外科学会
資格
厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
整形外科全般
岩沢太司
所属学会
日本整形外科学会
資格
厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
整形外科全般
成瀬啓太
所属学会
日本整形外科学会
資格
厚生労働省緩和ケア研修修了医
専門領域
整形外科全般

外来担当表

 
午前 篠原孝明
能登公俊
増田高将
岩沢太司
増田高将
成瀬啓太
坂口健史
渡部達生
岩沢太司
増田高将
篠原孝明
能登公俊
成瀬啓太
松下雅樹
(第1週)
渡部達生
能登公俊
岩沢太司
成瀬啓太
交代制
午後     専門外来
[手外科] 
篠原孝明
     

予約電話番号: 052-611-6265

※変更する場合がありますので、事前に電話にてご確認ください。

ページトップに戻る