診療科目・医療体制

整形外科

四肢の外傷・疾患、関節疾患、リウマチ疾患、スポーツ障害を中心に幅広い整形外科の患者さんの治療を行っています。その中でも、手外科(肩関節よりも下の部分の肘関節、手関節、手指など上肢全体の治療を行います)およびマイクロサージャリー(顕微鏡を用いた微細な手術)の治療に重点を置いています。
治療においては、薬物療法、装具療法、リハビリテーション療法などの保存療法から手術療法まで幅広く行っています。また手術療法においては、関節鏡を用いた低侵襲手術を積極的に行っています。
手のひらにしこりができて、病状の進行とともに皮膚がひきつり、指が伸ばしにくくなる「デュプイトラン拘縮」という病気に対しては、手外科専門医しか行えない注射療法(酵素注射療法)を行っています。

担当医紹介

主任部長  篠原孝明

篠原孝明医師
所属学会 日本整形外科学会、日本手外科学会、日本肘関節学会、日本マイクロサージャリー学会、日本リウマチ学会、日本末梢神経学会、日本整形外科スポーツ医学会、中部日本手外科研究会
資格 日本整形外科学会認定整形外科専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医、日本手外科学会認定手外科専門医
公職・その他 日本手外科学会代議員、日本マイクロサージャリー学会評議員、NPO法人ハンドフロンティア理事、鶴舞手外科研究会 世話人、名古屋大学医学部整形外科学・手外科学 非常勤講師
専門領域 手外科、手関節外科、肘関節外科、マイクロサージャリー、末梢神経障害

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
渡部達生
医長

日本整形外科学会
日本リウマチ学会
日本リハビリテーション医学会
日本骨折治療学会
日本人工関節学会
中部リウマチ学会

日本整形外科学会認定整形外科専門医
日本整形外科学会認定リウマチ医
日本リウマチ学会認定リウマチ指導医・専門医
整形外科
関節リウマチ
関節外科
能登公俊
医師
日本整形外科学会
日本手外科学会
日本整形外科学会認定整形外科専門医 整形外科
増田高将
医師 
日本整形外科学会
日本手外科学会
中部日本整形外科災害外科学会 
  整形外科
岩沢太司
医師
日本整形外科学会   整形外科

特色

外傷

四肢の骨折に対しては、受傷後できるだけ早期に手術を行い、早期の機能回復、社会復帰を目指してリハビリテーションを行っています。腱や神経、血管の断裂に対しては、マイクロサージャリー(顕微鏡下の手術)での組織修復・再建を行っており、指の切断に対しては再接着術を行います。
高齢者の場合、大腿骨近位部骨折などで、ひとたび歩行できなくなると、手術をしても歩行可能になるまで長期間を要します。そこで、急性期治療が終了後もリハビリテーションが必要な場合は、回復期リハビリテーション病院へ転院して十分にリハビリテーションを行えるようサポートしています。

変形性疾患

変形性膝関節症、変形性股関節症に対して薬物療法を行い、進行した症例に対しては人工関節手術を行っています。母指CM関節症、へバーデン結節、変形性手関節症、変形性指関節症に対しても薬物療法、装具療法を行い、進行した症例に対しては、関節形成術や関節固定術を行っています。

関節リウマチ

関節リウマチに対して薬物療法も行っていますが、薬物療法では対応できない関節の変形や不安定性などが原因となった機能障害や痛みに対して、積極的に手術療法(人工関節置換術、関節形成術、関節固定術)を行っています。

末梢神経障害

手のしびれや筋力低下をきたす、手根管症候群、肘部管症候群などの絞扼性神経障害に対して保存療法、手術療法を行っています。

スポーツ障害

野球肘やテニス肘などのスポーツ障害に対して保存療法、手術療法を行っています。

ページの先頭に戻る