診療科目・医療体制

薬剤部

薬剤部理念

患者さんのQOLを改善するため、医療者および患者さんに充分納得していただいた上で、効果的な薬物治療を提供します。

薬剤部写真1 薬剤部写真2 薬剤部写真3

薬剤部基本方針

  • 薬物療法における安全を確保します(医療安全の推進)
  • 薬剤の適正使用を推進し、効率的な薬物療法に貢献します(適正使用の推進)
  • 医療チームの一員として薬剤師の知識を十分に生かします(チーム医療の推進)
  • 自己研鑽し、質の向上に努め、より専門性の高い薬剤師を育成します(生涯学習の推進)
  • 地域の薬剤師と連携を図り、質のよい地域医療環境の実現を目指します(地域医療の推進)
  • 医療経済を念頭に置き、健全な病院経営に貢献します(健全な病院経営への貢献)

医療の高度化に伴い、調剤・製剤・医薬品管理業務に加えて、病棟での薬剤管理指導業務の導入・拡大、薬剤病棟業務の展開、注射薬調剤・抗がん剤混合調製、医療安全管理、感染管理、チーム医療回診随行、薬学部6年制教育に伴う長期実務実習への対応、臨床研究・治験業務など、薬剤部の業務は多様化・複雑化しています。また、医療の様々な専門領域でエキスパートが必要とされるようになり、薬剤師もその一翼を担うことが求められるようになりました。
当院薬剤部では「患者さんのQOLを改善するため、医療者および患者さんに充分納得していただいた上で、効果的な薬物治療を提供します。」を掲げております。各病棟に薬剤師を配置し、薬物療法に充分対応できる体制を確立させたいと考えております。具体的には、厚生労働省医務局から発出された通知「医療スタッフの協働・連携によるチーム医療の推進について」で示された、CDTM(Collaborative drug therapy management;共同薬物治療管理)を展開していくことを目標にしております。CDTMとは、薬剤の種類、投与量、投与方法、投与期間等の変更や検査のオーダーについて医師・薬剤師等により事前に作成・合意されたプロトコールに基づき、専門的知見の活用を通じて、医師などと協働して実施することです。
これらを実践するためには薬剤部員それぞれのスキルアップが必要です。様々な職種と連携し、医療に貢献できる薬剤師を育成していきたいと考えております。 

スタッフの配置先と主な業務

調剤室業務

薬剤部写真4 薬剤部写真4 薬剤部写真2
調剤室では、入院患者さん、および、外来患者さん(主に救急外来に受診した患者さん)のお薬を調剤しています。複数の診療科からお薬が重複して処方されていないか、飲み合わせの悪いお薬がないか、腎臓の働きの程度に応じた投与量や投与間隔になっているかなど、処方箋の内容についてコンピューターシステムでチェックするとともに、複数の薬剤師の目でも確認しています。また、医薬品の品目・数量についても複数の薬剤師で確認し、調剤の間違いが起きないよう細心の注意を払っています。また、だいどうクリニック、大同みどりクリニックで発行された院外処方せんに対する問い合わせなどの対応も行っています。

注射調剤室

薬剤部写真5 薬剤部写真6
注射調剤室では、注射薬を取扱っています。入院患者さんに処方された注射薬を、1日分ずつ、かつ、1処方ずつセットをして病棟へ供給しています。複数の薬剤師で、品目・数量、投与経路・投与量・投与速度、混合しても問題ないか、注射薬・内服薬との相互作用、などをチェックしています。また、病棟や外来の診察室に配置している注射薬を定期的に点検し、品質や有効期限のチェックを行っています。

一般製剤室・無菌製剤室

薬剤部5高度先進医療の観点から、市販されていない薬を、日本病院薬剤師会の指針に基づき院内専用の特殊製剤として製造し治療に貢献しています。院内で使用される医薬品、検査薬、消毒薬などのうち、一般には市販されていない軟膏、水薬、粉剤などを、空気中のほこりや細菌の少ない環境下で調製します。一般的に、点眼薬や注射薬などは、さらにクリーン度を高めた無菌製剤室のクリーンベンチ内で調製します。
また、食事が摂れない患者さんに対して栄養となる高カロリー輸液を、その組成が病態に適正なものであるかどうか確認した上で無菌調製します。抗がん剤に関しては、副作用を防ぎ安全な治療を行うために、適応がん腫、投与量、投与スケジュール、生化学検査値などを確認した上で調製します。この混合調製では無菌的に注射薬を計量・混合するばかりでなく、薬剤師が用法用量・薬物間相互作用など処方内容のチェック、配合変化・安定性のチェック等を行うことで、より安全で効果的な治療を提供しています。

化学療法管理室

薬剤部写真8 薬剤部写真9
外来患者さんが抗がん剤の点滴を受ける外来化学療法室では、薬剤師が抗がん剤の調製を行い、抗がん剤の投与量や投与方法が適正かチェックしています。抗がん剤の調製は安全キャビネット内で正確な調製を行うとともに医療スタッフの安全を確保しています。
薬剤師もチーム医療の一員として、医師、看護師とともに患者さんが安心して抗がん剤の治療を受けることができるよう、努めています。主にがん治療に関して組織横断的に医療スタッフへの情報提供やがん患者さんへの指導に対応しています。また、薬の説明、副作用モニタリング、副作用を軽減するための薬の提案、薬物相互作用の確認、腎機能・肝機能に応じた投与量の確認などを行い、安全で適正な薬物療法の確保に積極的に関与しています。

  1. 入院がん患者さんへの病棟薬剤師業務、薬剤管理指導業務(主に病棟薬剤師が実施)
  2. 化学療法センターで、患者さんへの治療内容や副作用の説明と副作用のモニタリングと処方提案
  3. 各診療科からの依頼に応じた抗がん剤に関連する指導
  4. 面談、副作用モニタリングと処方提案
  5. 抗がん剤レジメン審査・登録・管理
  6. 保険薬局との連携

医薬品情報室

薬剤部7薬品情報室では、薬物治療におけるお薬の適正な使用方法や副作用の情報、新薬についての情報など、さまざまな情報を収集・管理しています。患者さん、および医師をはじめとする医療従事者からのお薬に関するお問い合わせに対応しています。さらに電子カルテシステムの薬に関する情報をメンテナンスしています。さらに、病院で取り扱う薬の採用・不採用を決定する委員会の事務局を務めています。
また、医薬品の確保と供給を行い、医薬品を患者さんの診療に支障がないように確保・供給することにより医療に貢献しています。近年では東日本大震災などの教訓より医薬品の確保が重要となっています。これらの緊急時においても滞りなく供給できるように取り組んでいます。

規制医薬品管理室

薬剤部写真11規制医薬品管理室では、向精神薬、毒薬や劇薬、医療用麻薬など規制医薬品に関する管理等の業務を行っています。主に、麻薬の購入、保管、払い出し、残薬の処理、麻薬施用者免許の管理、規制医薬品に関する管理を行っています。特に法律で取り扱いが厳しく規制されている医療用麻薬についても、薬剤師が麻薬管理者となり、病院内の供給・管理を行っています。
 

入院前持参薬鑑別業務

薬剤部写真12 薬剤部写真1
患者さんの薬と手術や検査などに関わる安全性のさらなる向上を目指して、予定入院の患者さんに対して、2016年10月より「患者サポートセンター」で持参薬に関する面談を実施させていただいております。持参薬とは、患者さんが入院時に持ち込まれる普段お使いになっている薬(飲み薬・点眼薬・貼り薬・注射など全てのお薬)のことです。持参薬の情報を早く的確に把握することは、入院後の治療をより適切に行う上でとても重要なことです。薬だけでなく、薬袋・薬の説明書やお薬手帳も大切な情報源ですので必ずお持ちください。
2014年の診療報酬改定でDPC病院での持参薬使用について、厚生労働省から特別な理由を除いて使用は禁止されています。この方針に従い、当院では持参薬は使用しない方針としております。ただし、歯科口腔外科での入院の場合や、一部の持参薬は使用する場合があります。使用しなかった持参薬がたくさん余るような場合は、余った薬を院外薬局さんに持参し、申し出ていただければ、薬品の整理をしてもらえます。

残薬調整のご案内 リーフレット(PDF:113KB)

病棟薬剤業務・薬剤管理指導業務

薬剤部写真14病棟業務担当薬剤師は、患者さんが安全で適切な薬物治療を受けられることをめざして日々業務に取り組んでいます。
入院された患者さんに対して、使用していた薬剤について確認するとともに、患者さんにも面談させていただき、処方内容が適切であるか評価をし、医師や看護師と情報を共有しております。入院中の患者さんには、処方された薬剤について、作用・副作用・注意点などを説明し、薬に関する疑問や不安が解消できるように努めています。薬の飲み合わせが悪くないか、副作用が出ていないかなど、患者さんへの面談を通してチェックしています。さらに、薬剤の投与量や使用する薬剤が患者さんの体の状態に合っているかなどについて医師と相談し、より効果的な処方となるような提案も実施しています。
他にも、メディカルスタッフからの薬剤に関連する問い合わせなどへの対応や、病棟に保管している薬剤(注射薬・消毒薬など)が安全に使用されるように、使用期限や保存状態のチェックもしています。

治験管理室

薬剤部写真15 薬剤部写真16
最善の医療を患者さんに提供するために、より良い治療法や診断法などを開発する研究を行っています。そのひとつに「治験」があります。治験とは、薬が開発される過程で、候補となる物質が薬として本当に有用で安全であるかどうかを、 実際に健康な方や患者さんに参加して頂いて調べる試験(研究)です。 薬はその候補となりそうな物質が見つかると、まず、それがどんな化学的な性質を持っているか調べます。 次にいろいろな動物に使ってみて、人での効果と安全性を予測します。 この動物実験の結果から、人でも効果が期待でき、かつ安全性が高いと判断されると、今度は健康な人に参加して頂き調べることになります。 この段階からの試験を一般に「治験(臨床試験)と言い、「治験」で使われる薬のことを「治験薬」と言います。
健康な人で治験薬の安全性が確かめられた後、実際に患者さんに服用していただき、効果と安全性を確かめます。 このような薬の開発過程は、現在一般に使われているすべての薬に共通して行われてきた大切な手順です。 それぞれの試験で集められた結果(データ)は全てまとめられ、最終的には厚生労働省が薬としての認可をするかどうかを判断するための資料になります。
治験の妥当性や方法については、多くの専門家によって十分検討されています。 また医師や医師以外の職員および病院とは利害関係のない外部の有識者で構成された治験審査委員会において、科学的、倫理的に問題ないかどうかについて審査しています。
このように、新しい「くすり」が、世の中に送り出されるまでには、人を対象とした臨床試験(治験)を実施します。治験は「くすり」の有効性・安全性を調べる上で必要不可欠なものです。日頃、私達が飲んだり、塗ったりしている薬も、すべて「治験」が実施されたものです。しかし、治験の段階では「くすり」は、「くすりの候補」に過ぎませんので、その実施には厳格なルールが定められています。治験管理室ではその厳格なルールに則り、安全かつ適切な治験が実施されるよう、治験コーディネーターが患者さんや、医師、製薬企業のサポートを行っています。 新しいくすりができる過程においても病院薬剤師が関与しています。

チーム医療への参加

高度な先進的医療を推進するために、医療スタッフにも専門的知識が必要とされています。それぞれの専門知識を生かし、患者さんの治療にあたることで医療の質が向上します。また、安心、安全、良質な医療を提供するため、各医療スタッフが組織横断的に活動することも必要です。薬剤師は、このようなチーム医療に積極的に参画しています。

医療安全

医療従事者の個人レベルでの事故防止対策と、医療施設全体の組織的な事故防止対策の二つの対策を推し進めることによって、医療事故を無くし、患者が安心して安全な医療を受けられる環境を整えることを目標として、医療安全委員会が組織されています。薬剤師はこの委員会の中でも役割を担っています。

感染対策

感染対策は患者さんの安全を守るうえで、とても重要なことです。当院には、医師、看護師、薬剤師、検査技師など多くのスタッフからなる感染対策委員会があります。その中で薬剤師は、抗菌薬の適正な使用のため、抗菌薬の選択や投与量の設定など医師からの相談にも応じるなど、適正使用に貢献しています。

栄養管理

入院患者の栄養管理と褥瘡治療充実のため、薬剤師も医師、看護師、栄養士等のスタッフとともに入院患者さんの回診を行い、栄養、ビタミンなど薬学的な見地から患者さんの栄養面をバックアップしています。

糖尿病

糖尿病の治療に用いる血糖降下薬とインスリンは、効果が非常に強い半面で、その効果の高さ故に用い方を誤ると重大な医療事故を引き起こします。当院では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など多くの職種で糖尿病教室を実施しています。

がん化学療法

がん化学療法を安全に行なうため、医師、看護師、薬剤師、事務員等で構成された化学療法委員会で、治療計画の内容、効果や安全性の検討を行っています。その委員会において、薬剤師は薬の専門家として重要な役割をはたしています。また、患者さん個々の治療を随時確認し、医師、看護師と共に過量投与、副作用発現防止に努めています。

糖尿病

医師の医療方針に従い患者自身が前向きに治療に取り組み自己管理できるよう導く事を支援しています。毎週行われるカンファレンスに参加し、医師・看護師・管理栄養士・臨床検査技師らとの連携・情報交換を密に行い、治療方針・患者さんの状態を十分に把握し薬剤師としての枠にとらわれず治療全般にわたり支援できるよう指導しています。当院では、医師、看護師、薬剤師、管理栄養士など多くの職種で糖尿病教室を実施しています。

腎臓病

当院では腎臓病教室を開催しています。薬剤師からは、腎臓病の患者さんがお飲みになる薬の効能効果やどうして薬を飲まなくてはいけないのか、薬を飲むにあたっての注意点などをわかりやすく説明したり、参加された方からの質問に回答したりしています。教室では薬剤師以外にも医師、看護師、管理栄養士なども腎臓病に関するお話をしています。少しでも興味をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ぜひご参加ください。

HIV・AIDS

服薬方法に注意が必要な薬、特有の副作用を持つ薬、大きく服用しづらい薬などを生涯にわたり長期間服用しなければならない事により生じる精神的不安、身体的障害などに対して他職種と連携をとりながら様々なサポートを行っています。

教育

薬剤部全体のスキルアップを目指し、教育にも力を入れています。
毎週水曜日17時30分から薬剤部の勉強会を開催し、処方評価、学会報告など様々な知識を部員で共有するようにしています。 

研修会や学会への参加、発表、論文執筆の支援

薬剤部学会や講演会の様子研修会や学会への参加は、年度初めに希望を取り決定しています。
発表者、専門や認定を目指す方には優先して参加できるようにしています。

【発表論文の例】

  • 薬剤部写真18三宅さおり、田中章郎、山田成樹:タクロリムスによる腎機能障害を契機としてメトトレキサートに起因する骨髄抑制を認めた 1 例. 愛知県病院薬剤師会会誌, Vol. 45, No. 2, 2017.
  • Sakata F, Ito Y, Mizuno M, Sawai A, Suzuki Y, Tomita T, Tawada M, Tanaka A, Hirayama A, Sagara A, Wada T, Maruyama S, Soga T, Matsuo S, Imai E, Takei Y.: Sodium chloride promotes tissue inflammation via osmotic stimuli in subtotal-nephrectomized mice. Lab Invest. 2017 Apr;97(4):432-446. doi: 10.1038/labinvest.2017.4. Epub 2017 Feb 6.

資格取得のための支援

希望調査を行い、専門・認定・指導薬剤師など、薬剤師に関わる資格の取得ができるよう、業務を組んでいます。
また、取得に必要な学会、研修会への参加を斡旋し、発表・論文執筆をサポートしています。

新人教育

新人1名に指導薬剤師を付けるブラザー・シスター制度(プリセプター制度)を実施しています。先輩薬剤師と業務内容等について振りかえり、分からない点をその場で解決するようにします。「ブラザー・シスター制度」とは、新入社員の教育方法の一つで、同じ部署の先輩社員を兄(ブラザー)、姉(シスター)に見立て、先輩社員が新入社員に仕事の進め方や仕事に対する心構えを指導するとともに、職場の人間関係など業務や社会生活における不安や悩みを聞き、アドバイスを行う人材育成制度です。通常、新入社員一人に対し一人の先輩社員がつきますが、企業によっては複数の先輩社員がつく場合もあります。

薬学生教育

薬学生実習受入施設証当院は、薬学教育協議会※から実務実習の受入認定施設となっております。
薬学教育は6年制になり、2010年度から薬学生の長期実務実習が必須となっております。当院の実習内容では、実務実習コアカリキュラムに基づいた内容が行えるようにしております。また、薬剤師の基本的な業務以外に、糖尿病教室、治験コーディネーターなどの業務内容を見学ができるようにしています。他部署との関わりやチーム医療を考えるきっかけになればよいと考えております。

※薬学教育協議会は、薬剤師を目指す学生と薬学の専門家を目指している学生の教育について話し合い、協力する団体です。全国の薬学生が実務実習を円滑に行なえるよう、日本薬剤師会,日本病院薬剤師会,日本薬学会,薬系大学,そして関連官庁の協力の基に、調整を行っています。
 

学校薬剤師

幼稚園、小学校、中学校、高等学校などに一人ずつ委嘱されて医師、歯科医師と協力して学校保健の仕事をしています。当院薬剤部では大同高校で学校薬剤師の仕事をしています。

  • 学校薬剤師は、昭和33年制定の学校保険法によって法制化されました。学校保健法では、大学以外の学校には学校医、学校歯科医、学校薬剤師を置くこととされています。
  • 「学校薬剤師制度」があるのは、世界各国の中で日本のみで、「児童・生徒の健全な発育」を目的として誕生したものです。
  • 主に学校内の環境衛生について検査・助言を行い、児童生徒の健康増進に寄与することにあります。

【学校薬剤師の職務内容】
教室の空気:温度、湿度が適切であるか、炭酸ガスなどで空気が汚れていないか検査します。
飲料水:飲料水が適切であるかどうか検査します。
照度・照明環境:勉強する場所が十分に明るさがあるか、室内の明るさが均等であるか、まぶしさなどがあるか検査します。
騒音:勉強の妨げになるような騒音があるかないか検査します。
薬物乱用防止の啓発活動:薬剤師職能を生かして、薬物乱用防止やたばこの害、アルコールの害、シックハウス等の健康教育を行います。
保健室の環境検査:保健室のベッドなどのダニの検査などを実施しています。
子供たちの保健に関わる内容を協議・検討する「学校保健委員会」への出席をしています。

薬剤師の資格取得状況

(2017年9月現在)
日本腎臓病薬物療法学会 専門薬剤師 (1人)
日本腎臓病薬物療法学会 認定薬剤師 (1人)
日本薬剤師研修センター 認定実務実習指導薬剤師 (5人)
日本薬剤師研修センター 研修認定薬剤師 (1人)
日本静脈経腸栄養学会 NST 専門療法士 (1人)
一般社団法人吸入療法アカデミー 認定吸入指導薬剤師 (20人)
一般社団法人吸入療法アカデミー 認定吸入指導エデュケーター (2人)
日本病院薬剤師会 生涯研修履修認定薬剤師(5年) (2人)

薬剤部のクリニカルインディケーター

詳細はこちら

保険薬局の皆様へ

薬局から処方医師への服薬情報提供書[残薬調整に係る内容も含む]の運用について(PDF:441KB)

ページの先頭に戻る