予防接種センター

破傷風

  • 成人期
  • 海外渡航時
  • 暴露後接種

破傷風

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
任意接種 全年齢 3~4週間隔で2回
6~12カ月後に追加1回
0.5ミリリットル皮下または筋肉内接種

破傷風ワクチンについて

  • 接種部位が赤く腫れる場合がありますが、1週間くらいで軽快します。
  • 接種回数が増えるにつれ腫れやすくなります。
  • 破傷風は広く世界中に分布していますので、成人で海外渡航される方、土壌を触る機会が多い仕事の方は接種をお勧めします。
  • 昭和44(1969)年4月以前の生まれの方は幼少時にDPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合ワクチンを接種していませんので、破傷風予防には破傷風ワクチンを接種しています。

暴露後接種

外傷後に破傷風の感染が疑われる場合、破傷風ワクチンを健康保険で接種することができます。
破傷風ワクチンの接種歴、傷の様子により、スケジュールが異なります。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る