予防接種センター

インフルエンザ菌b型(Hibワクチン)

  • 小児期

インフルエンザ菌b型ワクチン(Hibワクチン)

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
定期接種 2カ月~5歳未満 2カ月齢~7カ月齢未満開始
初回3~8週間隔 3回
初回追加 3回目接種後 7カ月
0.5ミリリットル皮下接種
7カ月齢~12カ月齢未満開始
初回3~8週間隔 2回
初回追加 2回目接種後 7カ月
1歳以上5歳未満開始
1回のみ
任意接種 2カ月~10歳未満 定期接種と同じ 0.5ミリリットル皮下接種

インフルエンザ菌b型ワクチン(Hibワクチン)接種について

  • Hibは乳幼児の細菌性髄膜炎の原因の半分以上を占めていました。Hib髄膜炎は5歳未満の乳幼児に多く、日本での発症は年間少なくとも600人と報告されていました。Hib髄膜炎にかかると1カ月くらいの入院と抗生剤による治療が必要になりますが、治療を受けても約5%が死亡し、約25%に発育障害、てんかんなどの後遺症が残ります。
  • 2008年にHibワクチンが導入され、2010年には公費助成の開始、また2013年度からの定期接種開始に伴い、Hib髄膜炎にかかる子どもは現在ほぼ0人となっています。HibワクチンはHib感染症に高い予防効果が認められています。

副作用ほか

  • 接種したところが赤く腫れることがあります。
  • 接種日または翌日、熱が出たり、不機嫌になることもあります。数日で軽快していきます。

愛知県の広域予防接種事業について

愛知県の他市町村在住の方も、お住いの市町村で手続きをして広域連絡票をお持ちでしたら、当センターにて定期接種として接種できます。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る

前のページに戻る