予防接種センター

外傷時のワクチン接種

  • 海外渡航時
  • 暴露後接種

破傷風

土壌中の破傷風菌の感染により起こります。転倒時の事故、土いじりによる受傷部位からの感染が多いといわれています。
1968(昭和43)年からは小児期の定期接種の中に含まれていますが、免疫を維持するには定期的な追加接種が必要です。
特に1968(昭和43)年以前の生まれの方は免疫がありませんので、受傷時には接種が必要です。

基礎免疫のない(今までに破傷風ワクチンを3回以上接種したことのない)方

外傷時に傷の手当と破傷風ワクチン1回目を接種します。1カ月後に2回目、その半年から1年後に3回目を接種します。 外傷時の破傷風ワクチン接種は健康保険適応です。

基礎免疫がある(今までに3回以上は破傷風ワクチンを接種したことのある)方

外傷時に傷の手当てを受けます。最後の接種から10年以上(感染のリスクが高い場合5年以上)経っている場合は 破傷風ワクチンを1回追加接種として接種します。

狂犬病

日本では1957年を最後に国内の感染例はありませんが、海外では現在も見られる病気です。
最近では2006年に海外で犬に噛まれ、暴露後接種を行わなかった2例があります。
一旦発症してしまうと致死率はほぼ100%ですので、迅速なワクチン接種と傷口の処置が必要です。

海外で犬などに噛まれた場合、第1回目を0日として、以降3、7、14、30および90日の計6回皮下に注射します(国内標準法)。 
噛まれた場合の狂犬病ワクチン接種は健康保険適応です。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る