予防接種センター

マラリア予防薬

  • 海外渡航時

マラリア予防薬

回数・量

1回量(1日1回)
成人 成人用 1錠
小児 11~20kg 小児用 1錠
21~30kg 小児用 2錠
31~40kg 小児用 3錠

流行地への渡航前日から、流行地を出た後7日間服用

マラリア予防薬について

  • マラリアは蚊に刺されることで感染する病気です。
  • アフリカ、南アジア、パプアニューギニア、中南米などで見られます。
  • 1週間から4週間の潜伏期間をおいて、発熱、寒気、頭痛、 嘔吐、関節痛、筋肉痛などの症状が出ます。
  • マラリアには4種類(熱帯熱マラリア、三日熱マラリア、四日熱マラリア、卵形マラリア)あります。
  • 発病後早期であれば抗マラリア薬内服で治療可能ですが、熱帯熱マラリアは発症から24時間以内に治療しないと重症化し、しばしば死に至ります。
  • 脳症、腎症、肺水腫、重症貧血 など、さまざまな合併症がみられます。

厚生労働省検疫所マラリアのページ

  • 蚊に刺されないよう予防することが大事ですが、予防薬を内服することもできます。
    当院では、マラロン配合錠、マラロン小児用配合錠を処方します。
  • マラロンの処方のみの方は、処方料として 2,000 円かかります。
    他にワクチン接種がある場合は必要ありません。

マラリヤ予防薬について

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る