予防接種センター

MR(麻しん、風しん)

  • 小児期

MR(麻しん、風しん混合)ワクチン

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
定期接種 第1期:生後12カ月~24カ月未満
第2期:小学校就学前年度1年間
第1期:1回
第2期:1回
0.5ミリリットル皮下接種
任意接種 生後12カ月以上 1~2回

副作用他

麻しん

約20%の確率で、7~10日後に38度前後の発熱や発疹がある場合がありますが、数日で消失します。
麻しんの方に接触した場合、72時間以内に接種すると発症が予防できる場合があります。

風しん

接種後2週間頃に、発疹や38度前後の発熱が出る場合がありますが、数日で消失します。
妊娠初期に風しんにかかると、生まれてくる赤ちゃんに心臓の先天異常、白内障、聴覚障害、知能障害などが生じる先天性風疹症候群になってしまうことがあります。これを防ぐため、妊娠する女性は風しん抗体がHI法で32倍未満の時には、風しんワクチンを接種してください。

愛知県の広域予防接種事業について

愛知県の他市町村在住の方も、お住いの市町村で手続きをして広域連絡票をお持ちでしたら、当センターにて定期接種として接種できます。

ページトップに戻る