がんとともに生きる

がん診療情報

院内がん登録とは

当院で診断されたり、治療されたりしたすべての患者さまのがんについての情報を、診療科を問わず病院全体で集め、当院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。
この調査は、国が定める「標準登録様式」に基づき各病院が同じ方法で登録を行うことで、他病院との比較が可能となり、当院のがん診療の状況や特徴の把握につながります。 また、登録された情報を、国立がん研究センターや都道府県がん登録室(全国がん登録)に提供することにより、国や地域のがん対策やがん医療を評価する指標の基礎資料として役立てることができます。
院内がん登録の対象となった患者さまについては、その治療結果とその後の健康状態を確認するための予後調査をします。当院では受診情報を基本とします。受診状況が把握できない患者さまについては、紹介先の医療機関への照会や全国がん登録への問い合わせなどを行う場合もあります。

個人情報の取り扱いについて

「医療・介護関係事業者における個人情報の適切な取扱いのためのガイドライン」「個人情報保護法」を遵守し、登録に関わる個人情報の取り扱いについては細心の注意を払って実施しております。また予後調査により得られた個人情報は適切に管理しております。登録情報を提供する際は、暗号・匿名化されたデータを使用しますので、個人が特定されることはありません。院内がん登録における個人情報の取り扱いにつきまして、皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

ページトップに戻る