がんとともに生きる

痛みや心のつらさがあるとき

がんのつらさを和らげる緩和ケア

緩和ケアとは、がん患者さまの苦痛を取りのぞき、患者さまとご家族にとって、自分らしい生活を送れるようにするためのケアです。「緩和ケア」を取り入れることで、がんの患者さまと家族の療養生活の質を、より良いものにしていくことができます。

緩和ケアの考え方の変化

WHO(世界保健機関)による緩和ケアの定義(2002年)

緩和ケアとは、生命を脅かす疾患による問題に直面している患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと対処(治療・処置)を行うことによって、苦しみを予防し、和らげることで、クオリティー・オブ・ライフ(QOL:生活の質)を改善するアプローチである。

 

がんの患者さまやご家族は、がんと診断されたとき、治療中、再発や転移がわかったときなどさまざまなつらさやストレスを経験します。 今までのがん医療の考え方では、「がんを治す」ということに関心が向けられ、医療機関でも患者さまの「つらさ」に対して十分な対応ができていませんでした。しかし、最近では、患者さまがどのように生活していくのかという「療養生活の質」も「がんを治す」ことと同じように大切と考えられるようになってきています。 患者さまを「がんの患者さん」と病気の側からとらえるのではなく、「その人らしさ」を大切にし、身体的・精神的・社会的・スピリチュアル(霊的)な苦痛について、つらさを和らげる医療やケアを積極的に行い、患者さまと家族の社会生活を含めて支える「緩和ケア」の考え方を早い時期から取り入れていくことで、がんの患者さまとご家族の療養生活の質をより良いものにしていくことができます。

出典:がん情報サービスWEBサイト

緩和ケアを受けられる施設と内容

緩和ケアは、がんの治療中、どの施設でも受けられます。

治療中から受けられる緩和ケア

治療中の場合、緩和ケアチームが担当することになります。
緩和ケアチームは、医師、看護師、薬剤師など多職種が協力して緩和ケアを提供します。緩和ケアチームが担当しても、主治医が変わるわけではありません。主治医と連携しながら緩和ケアの診療を受けることができます。

通院中でも受けられる緩和ケア

通院中の場合、緩和ケア外来を受診することができます。入院中に緩和ケアチームが診療していた場合も、緩和ケア外来に通院して継続的に緩和ケアを受けることができます。
退院後、自宅での生活に戻ってから痛みや体のだるさ(倦怠感)が残ることがあります。緩和ケア外来を定期的に、あるいは必要に応じて受診することで、こうした苦痛を軽減できます。

緩和ケアを中心に行う病棟

がんの進行などに伴う体や精神的な症状があり、がんを治すことを目標にした治療(抗がん剤治療やホルモン療法、放射線治療や手術など)が困難となった方、あるいはこれらの治療を希望しない方には、緩和ケアを中心に行う病棟があります。
緩和ケア病棟を探す場合には、患者さまご本人が今後どのように過ごしたいかを考えながら、担当医や看護師、ソーシャルワーカーなどからアドバイスしてもらうとよいでしょう。

当院では、がんサポートチームがご相談に乗ります。お近くのスタッフにお声がけください。

住み慣れた自宅で受ける緩和ケア

緩和ケアに関連する治療の多くは、自宅でも入院中と同じように行うことができます。「在宅緩和ケア」といい、在宅療養の専門的な知識を持った訪問診療医や訪問看護師が自宅を訪問して、緩和ケアを提供します。
自宅では、生活のペースは患者さまやご家族に合わせたものになります。訪問診療医や訪問看護師は、患者さまの生活のペースを守りながら緩和ケアを提供します。訪問診療医、訪問看護師のほか、薬剤師やケアマネージャーやホームヘルパーなどと協力してサポートをしていきます。
自宅での緩和ケアを選択したからといって、病院とのつながりが完全になくなってしまうわけではありません。訪問診療医を通じて病院の担当医や緩和ケアチームとの連携を継続し、必要に応じて治療やアドバイスを受けることができます。
安心して自宅で緩和ケアを受けるためには、訪問診療医や訪問看護師などと、療養の目的や希望について十分に話し合い、緊急時の対応方法をあらかじめ確認しておき、患者さまとご家族の不安を少なくしておくことが大切です。

ページトップに戻る