がんとともに生きる

卵巣がん

卵巣がんとは?

卵巣は子宮の左右に一つずつあり、通常では2~3cmぐらいの大きさです。ここに発生した腫瘍が卵巣腫瘍であり、大きいものでは30cmを超えることもあります。
卵巣腫瘍はほとんどが良性腫瘍ですが、中には境界悪性腫瘍、悪性腫瘍(がん)があります。その他に胃がんや大腸がんなどからの転移性のがんの場合もあります。
卵巣がんは初期には自覚症状に乏しく、腫瘍が増大したり腹水がたまったりしてから、腹部膨満感(お腹が張って苦しい)、下腹部痛、頻尿などの症状が出現します。時に腫瘍が破裂したり、茎捻転(腫瘍がお腹の中でねじれてしまうこと)を起こしたりして、突然の強い下腹部痛が出現することもあります。

卵巣がんの診断

超音波検査や、MRI、CTなどの画像検査で腫瘍の大きさや形態を検査します。また、がんを疑う場合には腫瘍マーカーの検査も行われます。
これらの結果から、総合的に良性腫瘍なのか境界悪性腫瘍や悪性腫瘍なのかを判断します。しかしながら、その精度には限界があり、最終的には手術で摘出した腫瘍の病理組織検査によって診断が確定します。

  • 出典:「患者さんとご家族のための子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がん治療ガイドライン」(金原出版)

卵巣がんの治療

卵巣がんの治療では、手術療法が原則であり、悪性腫瘍の場合ほとんどの患者さまに術後に化学療法(抗がん剤治療)が必要となります。
手術療法は、諸検査により境界悪性腫瘍と判断された場合、基本的には子宮、両側の卵巣・卵管、大網(胃と大腸の間の膜)を切除します。さらに悪性腫瘍の場合、それに加えてリンパ節の摘出や腫瘍の拡がりによっては腸管や腹膜などの合併切除が必要となることがあります。
卵巣がんはその種類と拡がり(進行期)により術後の化学療法の必要性や抗がん剤の種類などが決まってきます。

当院の特色・診療体制

当院では、名古屋大学医学部附属病院産科婦人科と密に連携をとりながら診療にあたっています。難易度の高い手術が必要な患者さまや、集約的な治療を必要とする進行がんの患者さまは、名古屋大学医学部附属病院に紹介させていただく場合もあります。

ページトップに戻る

前のページに戻る