患者さまへ

救急診療、外来、入院、健康診断、予防接種などをご案内します。

外科的治療

手術療法について

手術療法手術療法とは、手術によりがんの病巣を切除することです。
化学療法と放射線治療に並び、がんに対する三大療法のひとつです。周囲の組織やリンパ節を含めてがんを切除することが最も一般的です。血液のがん(白血病やリンパ腫など)を除いて手術療法はがんの治療法の中心とされており、第一に選択される治療法です。しかし、すべてのがんに対して手術を行うわけではなく、がん種や病期に応じて最適な治療法を選択します。

手術療法では、がんの病巣だけを切り取るのではなく、目に見えないがん細胞が浸潤しているかもしれない周りの正常組織も含めて切除します。手術療法の最大の利点は、完全に切除できれば、体内からがんを消すことができることです。最も直接的かつ根治性の高い治療法です。たとえば早期の胃がんや大腸がんで転移がない場合は手術療法でほぼ治すことができます。
一方で、手術療法の欠点は、傷や体力の回復に時間がかかるといった高侵襲な治療法であることや、切除によりその臓器の機能が低下したり、失われたりすることです。このような欠点を軽減するために、当院では皮膚に小さな穴開けて実施する鏡視下手術(胸腔鏡や腹腔鏡)を積極的に導入し、少しでも低侵襲になるように心掛けています。
また多くの臓器に浸潤もしくは転移するような高度進行がんに対しても、複数の科による合同の手術療法や、手術療法と化学療法や放射線治療を組み合わせた集合的治療を行うことにより、安全で根治性の高い治療を提供することを常に目指しています。

大同病院 代表電話 052-611-6261

診療予約をご希望の方

052-611-6265
【当日受診の予約】
8:30~11:30
【翌日以降受診の予約】
11:30~17:00
診療受付のご案内はこちら 外来担当医表・休診情報

予防接種をご希望の方

052-611-8650
【当日予約】
8:30~11:30
【翌日以降の予約】
13:00~17:00
予防接種のご案内はこちら

健康診断をご希望の方

052-611-8680
【予約受付時間】
8:30~17:00
健康診断のご案内はこちら インターネット予約[人間ドック・脳ドック]

救急受付24時間365日

場所
B棟1階(東玄関を直進後、B棟に入って右へ)
救急受付のご案内はこちら
医療法人宏潤会のモバイルサイトはこちらからアクセス
ページの先頭に戻る