医療・介護・福祉関係者へ

心臓CT検査のご案内

心臓CT検査のご依頼について

検査の適応

虚血性心疾患が疑われ、特に高脂血症、糖尿病など動脈硬化のリスクが高い患者さま

心臓CT検査について

 心臓CT(冠動脈CT)検査は、心臓カテーテル検査と異なり非侵襲的に冠動脈評価が得られる検査法です。冠動脈の血管内プラークの有無・性状等について知ることができるほか、心臓CTでは心筋・心膜および弁の形態と機能、大動脈と肺動脈の構造など、冠動脈以外の情報も得られます。一方冠動脈石灰化などを伴うとアーチファクトから冠動脈病変の評価が困難となるなど、心臓カテーテル検査と比べて劣る点もあります。検査は通常専門の放射線科医師または循環器内科医師が行い、造影剤を経静脈的に注入して数秒間のCT撮影で終了となります。検査のための準備時間を入れて15~20分程度で終了となるため、通常外来にて検査を行います。

ご予約について

 心臓CT(冠動脈CT)検査をご依頼いただく場合は、いったん当院の放射線科医師が診察後、検査についての説明と同意を得て実施いたします。 「診察・検査予約依頼票」のコメント欄に、「心臓CT」とご記入いただき、過去2カ月以内のクレアチニンまたはeGFRの値をご記入ください。当院で診察時に当院放射線科で実施いたします。連携室で、放射線科の診療予約をお取りします。

※従来、紹介元の先生にお願いしておりました「造影CT検査同意書」「心臓CT検査問診票」等の記載は不要です。

 

診療・検査予約依頼票(PDF:127KB)

ご予約・お問い合わせ:地域医療連携室

052-611-1122
052-611-1021

ページトップに戻る