患者さまの支援

宗教上等の理由により輸血を拒否される方に対する当法人の方針

当法人は「相対的無輸血」の方針です。

社会医療法人宏潤会は良心に従い、全ての医学的知識と技術を用いて、治療の必要のある全ての人々に対し、基本的人権である表現の自由や信仰の自由について十分に理解と配慮をもって献身的に治療を行うことを基本とします。

基本方針

  1. 患者さま、ご親族、その関係者の信仰、考え方等について干渉しません。
  2. 患者さま、ご親族、その関係者の宗教上等の理由で医学的判断を変更しません。
    (輸血以外では救命できないと医療上判断した場合、輸血を施行します。「相対的無輸血」)
  3. 患者さまの治療法を選択する権利を尊重し、患者さまは自己判断のもと治療法を選択できます。
  4. 患者さまが希望すれば、他の医療機関の意見(セカンドオピニオン)を求めることができます。また、転院を希望される場合、適切に対応いたします。
  5. 当法人で定められた書式以外での輸血同意書(免責証書等)作成は行いません。

「相対的無輸血」と「絶対的無輸血」について

相対的無輸血とは

輸血を避けることで生命の危機や重篤な障害が予想される場合のみ輸血を許容する。

 

絶対的無輸血とは

生命の危機に陥るとしても輸血を実施しない。

ページトップに戻る