PICK UP

QOLの鍵をにぎる「手」の専門外科

「手」の専門外科

「手」は体の中でも最も鋭敏な感覚を持ち、複雑な運動を行うことができ、脳と密接に関係しています。
字を書く、食事を摂る、家事をする、身だしなみを整えるといった私たちの日常の生活動作をはじめ、手作業、パソコン操作、楽器の演奏、絵画など仕事や趣味で「手」は大活躍。さらには握手をする、手を振るなどのコミュニケーション手段としても、ほぼ無意識に手を使っているのではないでしょうか。また、手は常に露出しているため、外見的にも重要な役割を担っています。

ケガや病気によって手のはたらきが障害されると、日常生活や仕事に大きな支障が生じます。
手という器官は、皮膚、骨、関節、靭帯、筋肉、腱、神経、血管などから構成され、これらの多様な組織が限られたスペースに収められた複雑で精密な世界。
その手の障害を可能な限り快復させるには、非常に精緻が技術が必要となります。
当センターでは、肩関節よりも下の部分の肘関節、手関節、手指など上肢全体を対象として、上肢の骨折やスポーツ障害、手指のしびれを生じさせる手根管症候群、変形性肘関節症に対する手術治療、関節リウマチにおける人工関節置換術や関節形成術など、低侵襲の外科治療を行っています。

マイクロサージャリー(微小外科)とは

手術用の顕微鏡と特殊な器械を用いて、肉眼では操作困難な、微細な血管や神経の修復などを行う手術手技です。
切断された指の接着手術が世界で初めて行われたのはこの日本の地。手先が器用だと言われる日本人ですが、そこには高精度の顕微鏡と、研ぎ澄まされた外科医の手技がありました。

当センターでは、その伝統を受け継ぎ、国内でもトップレベルにある篠原孝明センター長をリーダーとし、高精度の顕微鏡などの機器を導入して体制を整え、チームでさまざまな微細手術に取り組んでいます。

ページトップに戻る

前のページに戻る