PICK UP

小児外来リハビリセンターの開設について

2020年3月、開設。

小児リハビリの専門スペースを設けました

 小児科領域における豊富な実績を重ね、「大同子ども総合医療センター」として、さまざまな小児専門外来、救急医療、さらに重心障がい児をはじめとして医療的ケアを必要とする児(者)のための在宅診療・ケア、さらに2019年末からは外科も充実させるだいどうクリニックにおいて、いよいよ外来リハビリセンターがオープンします。

 従来、発達障害の児のための言語聴覚療法を提供してきましたが、新しく、理学療法・作業療法も可能な専門スペースを設け、小児外来リハビリテーションの専門センターとして生まれ変わります。

  • 理学療法…立位・座位、這う・歩くなどの基本動作の獲得や、姿勢を保つ、買えるなどの動作訓練などを行います。筋力の増強や装具を使った歩行訓練なども可能です。
  • 作業療法…日常生活に必要な動きや遊びの動作などを、見る・触る・聞くといった感覚へのアプローチにより獲得することをめざします。
  • 言語聴覚療法…ことばを理解し伝える能力、発音・発語の機能を獲得・改善することをめざします。

ページトップに戻る

前のページに戻る