予防接種センター

ロタウイルス

  • 小児期

ロタウイルスワクチン

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
ロタリックス 生後6週~24週 2回(4週以上の間隔で) 1.5ミリリットル経口接種
ロタテック 生後6週~32週 3回(4週以上の間隔で) 2.0ミリリットル経口接種

※1回目は15週未満に行うことが推奨されています。

ロタウイルスとは

ロタウイルスは乳幼児の感染性胃腸炎の主な原因ウイルスです。ロタウイルス胃腸炎の主な症状は、米のとぎ汁のような下痢、嘔吐、発熱ですが脱水を起こしやすく、けいれんがみられることもあります。乳児期早期に感染すると重症化しやすく、ロタウイルス胃腸炎で入院するのは0歳~1歳で約7割を占めています。

ロタウイルスワクチン

ロタウイルス胃腸炎の予防ワクチンで、ロタウイルスの病原性を弱めて増殖させ、精製してからシロップ状にした飲むワクチンです。4週以上の間隔で2~3回接種することで重症のロタウイルス胃腸炎をほぼ100%予防できます。
現在ロタウイルスワクチンは2種類あります。以下の比較表をご参照ください。

ロタウイルスワクチンの比較表(PDF:85KB)

副作用他

  • 通常の副反応として、ぐずり、下痢などみられることがありますが、数日で軽快します。
  • 注意すべき副反応として、まれに腸重積を起こすことがあります。
  • 一般に腸重積は乳児期後期に起こりやすい病気です。初回接種後1週間以内にわずかに腸重積のリスクが増加することが分かっています。初回接種は、腸重積の発生しやすい時期を避け、15週未満で接種することが推奨されています。
  • ワクチン接種後、腸重積を示唆する症状(ぐったりする、泣きと不機嫌を繰り返す、顔色が悪い、繰り返し起きる嘔吐、イチゴジャムのような血便、お腹の張り)がみられた場合はすぐに受診してください。

名古屋市の助成について

名古屋市在住の方は助成金があります。

ワクチン 公費対象者 接種回数 自己負担金
ロタウイルス
(商品名:ロタリックス)
生後6週0日から24週0日
(1回目は20週0日まで)
4週以上の間隔で
2回
6,400円/回
ロタウイルス
(商品名:ロタテック)
生後6週0日から32週0日
(1回目は24週0日まで
2回目は28週0日まで)
4週以上の間隔で
3回
4,100円/回

自己負担金免除制度

以下の1~5をお持ちの方は自己負担金が免除されます。

  1. 生活保護受領証明書(原本:発行日から1年間、福祉事務所で発行)
  2. 市民税非課税確認書(原本:保健所で発行)
  3. 中国人残留邦人本人確認証(写真面の写し)
  4. 世帯全員の市県民税証明書(原本)+世帯全員の住民票(原本)

予診票

名古屋市で作成した専用の予診票があります。当院で用意してあります。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る