予防接種センター

狂犬病

  • 海外渡航時
  • 暴露後接種

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
任意接種 全年齢 暴露前接種
4週間隔で2回、
6~12カ月後に3回目
1.0ミリリットル皮下注射
暴露後接種
暴露後接種1回目を0日として3、7、14、30、90日

狂犬病のワクチンについて

  • 狂犬病は、狂犬病ウイルスを持った犬、猫、こうもり、キツネなどの野生動物に噛まれたり、傷をなめられたりすると発症します。
  • 海外で生活される方(特に東南アジア、南西アジア、中南米、アフリカ等)は、事前に接種は可能ですが、暴露後のワクチン接種も必要です。
  • 日本国内の犬に噛まれても接種の必要はありません。
  • 外傷後に狂犬病の感染が疑われる場合、狂犬病ワクチンを健康保険で接種することができます。
  • 輸入ワクチンと国産ワクチンがあります。こちらの説明を参考にしてください。

狂犬病ワクチン接種についての説明

【輸入】狂犬病ワクチン接種同意書

副作用他

  • 接種後2~3日後に、接種部位が赤く腫れる場合や、微熱が出ることがありますが数日で消失します。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る