予防接種センター

日本脳炎

  • 小児期
  • 海外渡航時

日本脳炎

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
定期接種 第1期:生後6カ月~90カ月未満
第2期:9~13歳未満
第1期:1~4週間隔で2回
1期追加:2回目接種後、6カ月以上空けて1回
第2期:1回
3歳未満:0.25ミリリットル皮下接種
3歳以上:0.5ミリリットル皮下接種
任意接種 生後6カ月から 初回免疫として1~4週間隔で2回
6~12カ月後に追加1回

日本脳炎ワクチンについて

  • 2005年5月30日から2010年3月31日まで、日本脳炎ワクチンの積極的勧奨が差し控えられていました。
  • 2009年に新しい日本脳炎ワクチン(乾燥細胞培養ワクチン)が承認を受け、2010年4月より積極的勧奨が再開されましたが、これにより接種の機会を逃した方に対し救済措置が行われています。
    ※1995年6月1日~2007年4月1日生まれの方:未接種分を20歳未満まで定期接種として接種できる
    ※2007年4月2日から2009年10月1日生まれの方:1期の未接種分を2期の対象年齢期間中(9~13歳未満)に接種できる 日本脳炎は蚊によって媒介される感染症です。
  • 日本でも年に数例程度の発症がみられます。西日本に多く、ブタがウイルスを保有していることが多いので、リスクの高い方は生後6ヶ月以降の接種ができます。 また海外では多くの発症がみられます。流行地域(東南アジア、南西アジア)に渡航される方は接種をお勧めします。

愛知県の広域予防接種事業について

愛知県の他市町村在住の方も、お住いの市町村で手続きをして広域連絡票をお持ちでしたら、当センターにて定期接種として接種できます。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る