予防接種センター

DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合

  • 小児期
  • 海外渡航時

DPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合

接種回数・接種量

  接種対象 接種回数 接種量
定期接種 生後3~90カ月未満 下記参照 0.5ミリリットル皮下接種
任意接種 生後3カ月~

ジフテリア、百日咳、破傷風ワクチンについて

2012年11月1日からDPT-IPV(ジフテリア、百日咳、破傷風、不活化ポリオ)4種混合ワクチンが使用されるようになりました。現在小児期の定期接種では4種混合ワクチンで接種しています。
日本ではDPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合ワクチンが2014年12月に販売終了になっていましたが、2018年1月より販売再開となりました。
以前にDPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合ワクチン、生ポリオワクチンなどの接種を受けていて、DPTの接種回数が不足している方は、定期接種としてDPTワクチンを接種できる可能性があります。詳しくは当センタースタッフにご相談ください。
海外渡航される成人の方で、1969(昭和44)年4月以降の生まれの方は幼少時にDPT(ジフテリア、百日咳、破傷風)3種混合ワクチンを接種していますので、破傷風予防にはDPTワクチンをお勧めしています。

副作用他

  • 接種部位が腫れることがありますが、1週間ぐらいで軽快してきますので様子を見てください。腫れがあまりにひどい時は、冷湿布をするか小児科を受診してください。
  • 接種回数が増えるにつれ腫れやすくなります。
  • ごくまれに接種部位の皮下に小さなしこりができる場合がありますが、数カ月で自然に治癒していきますので、様子を見てください。

だいどうクリニック予防接種センター

ご予約のお問い合わせ(直通)

当日予約8:30~11:30まで
翌日以降の予約13:00~17:00まで
土曜日8:30~14:00まで

ページトップに戻る