診療体制

泌尿器科

  • 概 要
  • 主な対象疾患
    検査・治療
  • 医師紹介
  • 臨床指標
  • 外来担当表

診療概要

泌尿器のことならどんなことでも

腎腫瘍、腎盂・尿管腫瘍、膀胱腫瘍、前立腺腫瘍、精巣腫瘍などの悪性腫瘍に対する手術、前立腺肥大症に対する経尿道的前立腺切除術、水腎症、膀胱尿管逆流、停留精巣、陰嚢水腫、真性包茎などの先天性疾患に対する手術、尿失禁に対する手術や尿路結石症に対する体外衝撃波結石破砕術、内視鏡的手術など、一般泌尿器科のほとんどの手術を行っております。 膀胱鏡検査は痛みの少ない軟性膀胱鏡で行っています。前立腺生検は一泊入院で、体外衝撃波結石破砕術(ESWL)は日帰り入院で行っています。 小児科と連携して、小児の尿路疾患(膀胱尿管逆流症、先天性水腎症など)の検査を行い、名古屋市立大学と連携して治療を行っています。低侵襲手術に積極的に取り組んでおり、副腎腫瘍および尿路悪性腫瘍の腹腔鏡手術と、前立腺肥大症、腎・尿管結石のレーザー等を用いた内視鏡手術を行っています。

地域の先生方へ

このような方をご紹介ください

悪性疾患、緊急性のある疾患(肉眼的血尿、急性腎盂腎炎、尿閉、小児急性陰嚢症、水腎症等)など、手術依頼の方を優先的に診察させていただいています。

重点的に行っている疾患、治療方法、検査方法

前立腺がん

  • 超音波下前立腺生検(1泊入院)。
  • 腹腔鏡下前立腺全摘術を施行しています。約2週間弱の入院です。
  • ジェブタナ、ゾーフィゴ® などの新規化学療法を施行しています。
  • ロボット手術をご希望される患者さまには名古屋市立大学病院へご紹介しております。
  • 高精度放射線治療(IMRT)を行っています。

膀胱がん、腎盂尿管がん

軟性膀胱鏡などを用いて低侵襲かつ迅速な診断を心がけています。ガイドラインに沿った治療を早期に受けることができます。

腎がん

早期がんに対して、腹腔鏡下手術を基本としています。腎部分切除術についても積極的に取り組んでいます。また進行がんに対して分子標的薬や免疫療法(保険適応)を用いた治療を行っています。

前立腺肥大症

HoLEP(ホーレップ:経尿道的前立腺レーザー核出術)施行しています。TURPに比べて術後の回復が早く、患者さまへの負担が少ない手術法です。

腎結石・尿管結石

体外衝撃波結石破砕術(ESWL):日帰り入院(土曜日も施行できます。)
難治性の腎尿管結石に対してレーザーを用いたf-TUL(経尿道的尿路結石除去術)やPNL(経皮的尿路結石除去術)に力を入れて行っています(他院で難しいと言われた症例でもご相談ください)。

骨盤性器脱

膀胱脱・子宮脱に対し、TVMを中心に行っています。

外来化学療法

 

がんの患者さまの生活の質(QOL)を向上させるために、外来化学療法を行っています。
注)初回は安全性を考慮し、入院治療とさせていただいています。

  • ジェムシタビン+シスプラチン療法(膀胱がんなどの尿路上皮がん)
  • ドセタキセル療法(前立腺がん)、カバチタキセル療法(前立腺がん)
  • 免疫療法:ニボルマブ,ニボルマブ+イピリムマブ併用療法(腎がん)、ペムブロリズマブ(膀胱がんなどの尿路上皮がん)

 

管理医師

神谷浩行 大同病院副院長/主任部長

Dr. Hiroyuki KAMIYA
所属学会
日本泌尿器科学会、日本アンドロロジー学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本女性骨盤底医学会
資格
日本泌尿器科学会認定泌尿器科指導医・専門医、日本泌尿器科学会・日本泌尿器内視鏡学会認定泌尿器腹腔鏡技術認定医
公職
名古屋市立大学医学部臨床准教授、日本アンドロロジー学会評議員
専門領域
泌尿器全般

藤井泰普 部長

所属学会
日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本腎臓学会、日本尿路結石症学会、日本女性骨盤底医学会
資格
日本泌尿器科学会認定泌尿器科指導医・専門医、医学博士
専門領域
泌尿器全般

スタッフ医師

飯田啓太郎
医長
所属学会
日本泌尿器科学会、日本泌尿器内視鏡学会、日本癌治療学会、日本癌学会
資格
日本泌尿器科学会認定泌尿器科専門医、日本がん治療認定医機構がん治療認定医
専門領域
腫瘍(がん)、泌尿器全般
小早川祐輝
所属学会
日本泌尿器科学会
専門領域
泌尿器全般
権田将一
所属学会
日本泌尿器科学会
専門領域
泌尿器全般

臨床指標

年間症例数

2016年度 2017年度 2018年度
前立腺の悪性腫瘍 90 139 112
尿路結石症 63 115 130
膀胱腫瘍 54 48 60
前立腺肥大症等 13 2 12
腎臓または尿路の感染症 24

20

43
腎盂・尿管の悪性腫瘍 13

5

18
腎腫瘍 11

14

25

手術件数

2017年度

2018年度

TUL(経尿道的尿路結石除去術[レーザーによるもの]) 48 80
PNL(経皮的腎結石除去術) 6 26
副腎摘出術(うち腹腔鏡下手術) 4(4) 3(3)
根治的腎摘除術(うち腹腔鏡下手術) 10(7) 13(10)
腎尿管全摘術(うち腹腔鏡下手術) 5(4) 7(6)
前立腺全摘術(うち腹腔鏡下手術) 13(4) 18(17)
膀胱全摘術 6 5
尿管皮膚瘻造設術 2 1
回腸導管造設術 3 2
新膀胱造設術 1 2
TUR-Bt 33 47
TUR-P 2 2
HoLEP(経尿道的前立腺レーザー核出術) 1 5
TVM 7 4
精巣固定術(停留精巣に対する) 6 3
高位精巣摘出術(精巣悪性腫瘍手術) 3 2
陰嚢水瘤根治術 3 8
膀胱砕石術 7 1
前立腺生検 90 74
ESWL 32 27
その他 66 55

NCDについて

当科では、手術を受けていただいた患者さまの個人情報を除いたデータに基づいて、一般社団法人National Clinical Database(NCD)の泌尿器科手術・治療情報データベース事業へ参加しております。 本事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さまに最善の医療を提供することを目指すプロジェクトです。全国の医療施設診療科の皆様からご協力をいただくことで、手術を行っている施設診療科の特徴、医療水準の評価、適正な泌尿器科専門医の配置、手術を受けた方の予後、これから手術を受ける方の死亡・合併症の危険性などを明らかにすることができます。また、本事業に登録していただいた症例のみを用いて、各専門医制度の申請が行われるようになりました。

 

専門医制度と連携したデータベース事業について(PDF:172KB)

外来担当表

 
午前 権田将一
神谷浩行
飯田啓太郎
藤井泰普
小早川祐輝
飯田啓太郎
神谷浩行
小早川祐輝
藤井泰普
権田将一
浜本周造
(第1,3,5週)
恵谷俊紀
(第2,4週)
午後     専門外来
[骨盤性器脱]
(第1週)

予約電話番号: 052-611-6265

※変更する場合がありますので、事前に電話にてご確認ください。

ページトップに戻る