先輩の声

チューターの声


チューター1看護師 川嵜比彩子

新人看護師の頃は、覚える仕事が非常に多く、毎日緊張していました。できることが増えていく中で、任せられる仕事量も増えていきました。そんな不安な時期にチューターから声をかけてもらい、安心したことを覚えています。
自分の経験から「この時期はこんな悩みがあったな」と振り返り、新人さんに声をかけるように心がけています。話しやすい環境をつくり、緊張を和らげ、看護ケアに取り組めるようにチューターとしてサポートしています。
また、新人さんからの質問や悩みを聞き、自分を見つめ直す良い機会ともなっています。今後も、新人さんと共に成長していきたいです。

 




チューター2看護師 仙田未菜

看護師2年目となり、私がチューターとして新人看護師と接することとなりました。初めは自分にチューターが務まるか不安でいっぱいでしたが、先輩や同期のアドバイスを参考に、自分なりに一生懸命関わっていきました。チューターとして、新人看護師が前向きに仕事に取り組めるよう、精神的なフォローや先輩と新人看護師の橋渡し役となり、コミュニケーションが取れるよう声掛けをしていきました。技術面では、新人看護師と一緒に行うことにより自己の振り返りもすることができました。
これからも新人看護師と共に成長し、頑張っていきたいと思います。
 

 




チューター3助産師 本田有希子

私はチューターとして新人さんと関わるとき、常に味方でいることを心がけています。
新人さんの姿をみていると、1年前の自分の姿と重なる部分が多くあります。分からないことだらけで不安と緊張の毎日。そんなとき、チューターの先輩や2年目の先輩方がとても気にかけてくださり支えてくださったことは、当時の私にとって仕事のモチベーションであり励みでもありました。分からないことや心配なこと、何年も上の先輩には聞きにくい些細なことなどは、チューターの先輩や2年目の先輩を捕まえてよく聞いていたことを思い出します。
看護技術やその他の業務のことなどは、上の先輩方が新人さんにしっかりと指導して下さります。なので、新人さんと年齢も近く、去年同じ経験をした私だからこそできる関わり方を大切にしていきたいと思います。その一つとして常に味方でいることを心がけ、何でも聞ける身近な存在となって、新人さんを支えていきたいと思います。



ページの先頭に戻る