先輩の声

チューターの声

福本看護師看護師 福本由衣子(A4病棟)
当院にはチューター制度があり、2年目の看護師が役割を担います。新人看護師の精神面での相談相手となり、心のフォローを行っています。1年間に4回のチューター研修があり、チューターとして1年間どのように関わっていくのか、月ごとに考え接することができます。中堅看護師より2年目がフォローすることの利点としては、自分自身の1年目の時の体験を生かすことができることと、新人看護師の気持ちを理解してあげられる立場にあることだと思います。
勤務部署発表のあと、緊張して入ってくる新人看護師に対して、早く部署のメンバーに慣れるよう連絡先を聞き、情報収集の方法・カルテの見方などを説明します。新人看護師にとって2年目と話すときには緊張しない場となるよう努めました。また、当病棟では夜勤初日は新人看護師とチューターは一緒に入ります。そのため、細かな配慮ができます。夜勤の流れを文章化して渡し、先輩の想いをやんわりと伝え、うまくいかない日があった時には声をかけ、辛さを分かち合うことなどをしました。
もうすぐ、2年目を迎えようとしています。今後も高めあっていけたらいいなと思っています。

 

菊池看護師助産師 菊池七未(A4病棟)
私自身、入職した当初は毎日が不安で、学生の時に学習したことが実践の場で生かせるのかとドキドキしながら仕事を行っていました。また初めて社会の場で働くということもあり、社会人としての振る舞いも大丈夫かという思いもありました。きっと新人助産師の子も同じ気持ちではないかと思い、新人助産師のチューターとして、分からないことは相談できるよう声をかけるように心がけました。
また、上の先輩に相談しにくいことを相談できるような存在でいようと心がけ、仕事の内容以外に、日常のことについても話すように関係を築いていきました。仕事以外のことを話すことで緊張が解け、距離を縮めることができたのではないかと思います。
入職して数ヶ月経ち、今では自分でできることも増え、自信をもっていきいきと仕事をしている様子があります。これからも分からないことは先輩に相談できるよう、コミュニケーションを図っていきたいと思います。少しずつ成長している後輩の姿を見て、私も助産師として成長できるように日々学んでいきたいと思います。

 

日数谷看護師看護師 日数谷彩(A9病棟)
私は、看護師として勤務して2年目です。今年はじめて、チューターとして新人看護師と関わることになり、自分にチューターとしての役割が務まるか不安でした。
チューターとして新人看護師とかかわる上で、技術で不安なことなど何でも相談しやすい相手であるように、さらには気持ちのサポートができるように関われたらと接しています。私自身もチューターとして関わることで、一緒に患者様のことを考えたり、曖昧な知識・技術を確認したりすることができ、良い刺激となっています。
これから新人看護師も独り立ちしていく機会が増えていくため、不安なことや、ミスで落ち込む機会が増えてくると思います。チューターとして、一緒に立ち止まって考え、看護師として自信をもって働くことができるように、支えていけたらと思います。

ページの先頭に戻る