先輩の声

新人看護師・助産師の声


新人看護師1看護師 有賀佳音

看護師として働き始めた頃は、分からないことが多く不安と緊張の毎日でしたが、先輩や同期に支えられ、少しずつ環境に慣れることができました。入職後の新人研修では、教育担当者から実技演習を学び、次に先輩見守りのもと患者様に実践、その後自立と、安心して看護技術を身につけていくことができました。自立に向けてできることが増える喜びと共に責任の重さも感じます。先輩方の温かいサポートと同期の支えがあり、無理せず成長しています。
今後、臨床の場で多くの患者様との関わりを大切にしながら、日々学び成長していきたいと思います。

 




新人看護師2看護師 柳下優衣

入職してすぐ、新人看護師や同期の職員と交流する機会がありました。同じ気持ちで頑張る仲間がたくさんいることに安心し、毎日頑張ろうという気持ちになりました。その後全体で研修を受け、大同病院という環境に慣れながら、看護ケアや看護を行う姿勢について学べました。
配属されてからは毎日新しい業務を覚えるのに必死で、上手くいかないことに落ち込むこともありました。しかし、病棟には実地指導者がいて、一つ一つの業務を丁寧に教えていただき、いつも気にかけ声かけをしてくださるので、分からないこともすぐに教えてもらい、解決していくことが出来ました。また、チューターの先輩も、新しい業務や業務の独り立ちがある度に声をかけてくださり、不安なことを相談できました。
看護師としてはまだまだですが、支えてくださっている先輩方に少しでも近づけるよう、患者様に寄り添い、あたたかい看護が出来るようこれからも頑張りたいです。

 



新人看護師3助産師 細川美貴

新人助産師として就職してから、あっという間に半年が過ぎてしまいました。就職して間もない頃は戸惑うことが多く、仕事は覚えることばかりで必死の毎日でしたが、最近になって徐々にではありますが、患者様との関わりを通して、仕事のやりがいを感じられるようになってきたと思います。
病院としての新人サポートも充実していて、研修でまず看護技術を学び、その後、病棟での実践となっているので、基本をしっかりと押さえることが出来ます。また、病棟の先輩方も新人を技術面・精神面で気にかけてくださり、職場環境も整っているのではないかと思います。まだまだ未熟者で周りの先輩・同期に支えられながら日々を送っていますが、そうした日々を積み重ねて、自分の糧としていけるよう精進していきたいです。

ページの先頭に戻る