看護部長のあいさつ

看護部長のあいさつ


看護部長 都築
枠にとらわれず将来を思い描いてください

看護部長 都築智美


 

プロフィール

看護学校卒業後、大同病院に入職。勤務しながら結婚・子育てを経験。
摂食・嚥下障害看護の認定看護師として活躍したあと、大学院でマネジメントを学ぶ。
平成26年 看護部長に就任。平成27年 認定看護管理者の資格を取得。

看護部長になった経緯

看護学校卒業以来ずっと大同病院で勤務してきました。
あるとき“外のやり方を知りたい”と考え、ちょうど社会的に嚥下障害が問題になった時期でしたので、摂食・嚥下障害の認定看護師教育課程を受講することにしたんです。
資格を取得して病院に戻り、しばらくはスペシャリストとして活動しました。けれど、嚥下障害の人たちがうまく地域に帰れない現実に直面し、悩んだ末「スペシャリスト、ジェネラリスト、管理者がバラバラに動いていてはいけない」と思い当たったんです。とくにジェネラリストとスペシャリストをまとめる管理者は必要不可欠。そのため、大学院に行って組織論などマネジメントを学びました。
前看護部長が後任に私を指名してくれたのは、そうした経緯を経てきたからかもしれません。認定看護師から管理者になった前例として、皆さんが枠にとらわれず、ご自身の将来を思い描いてくれれば嬉しいですね。

どのような看護部をつくっていきたいか

看護部長になって最初に取り組んだのは、看護部の理念と基本方針の刷新でした。 新しい理念は「その人の生活に視点をおいた最善の看護を提供する」。患者さんにとって、病院って人生のなかのちょっとした点なんです。ですから、大部分を占める“生活”を見据えた看護が患者さんの幸せにつながると思うんです。
いま当院は急性期から一歩進んだ高度急性期を目指しています。今、ICUにいても、救急にいても、その患者さんにはその先の生活がある、それを理解できる看護師を育てていきたいですね。ゆくゆくは在宅支援部門も整えようと考えています。
師長さんたちは一生懸命で、科長や次長もハートが熱い人ばかりです。患者さん中心の看護をこころざす方には、良いめぐり合いがあると思いますよ!

メッセージ

当院の教育科は教育を専門に学んだスタッフが担当しています。新卒採用者はもちろん、中途採用の方にも必ず教育科がつきますし、教育期間を終えても不安のある人には1日密着して仕事のことだけでなく精神面でもフォローしています。そうした体制が強みですので、安心して当院にお越しくださいね。

インターンシップ・見学会

ページの先頭に戻る