診療科目・医療体制

耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科は耳・鼻・のどの疾患のほかに頚部の疾患も取り扱っています。たとえば甲状腺、耳下腺、顎下腺などの疾患がこれに含まれます。外来診療では額帯鏡や内視鏡などを用いた診察と生理学的検査や画像検査などの検査を必要に応じて行い総合的に診断し、小さなお子様からお年寄りまで、また内科的治療から外科的治療まで幅広く行っています。

担当医紹介

部長 大山俊廣

大山俊廣医師
所属学会 日本耳鼻咽喉科学会、日本気管食道科学会、日本鼻科学会、日本喉頭科学会、日本音声言語医学会など
資格 日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医・専門研修指導医、日本気管食道科学会認定専門医(咽喉系)、日本耳鼻咽喉科学会補聴器相談医、日本耳鼻咽喉科学会認定騒音性難聴担当医、日本医師会認定産業医、(医学博士)
専門領域 耳鼻咽喉科一般、喉頭疾患

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
小串善生
医長
日本耳鼻咽喉科学会
日本気管食道科学会
日本鼻科学会
日本頭頚部癌学会
日本頭頚部外科学会
日本癌治療学会
日本喉頭科学会
日本口腔・咽頭科学会
耳鼻咽喉科臨床学会
小児耳鼻咽喉科学会など
日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医
日本めまい平衡医学会医師講習会修了
耳鼻咽喉科一般
頭頚部腫瘍
鼻副鼻腔疾患
長坂聡
医師
日本耳鼻咽喉科学会
日本気管食道科学会
日本口腔・咽頭科学会
日本頭頸部癌学会
日本音声言語医学会
  耳鼻咽喉科一般
喉頭疾患

 

診療概要

診療体制

現在常勤医師2名にて外来診療にあたっています。外来診療は予約制となっておりますので事前に予約が必要です。また初診の場合はできるだけ紹介状をお持ちください。入院治療に関しては大同病院にて常勤医師で診療にあたっております。入院手術に関しては基本的に月曜午前に入院、火曜午後から手術となっております。

治療方針

患者さんそれぞれの症状に合わせ所見や検査結果などを十分に検討したうえで治療方針を決定します。とくに頭頚部腫瘍に関しては藤田保健衛生大学耳鼻咽喉科教室の協力のもと相互に連携をもって治療にあたっております。

検査・取り組み

当日に施行可能なもの・・・結果報告 後日含む

単純レントゲン検査、単純CT検査、頚部超音波検査、鼻咽喉ファイバー検査、標準純音聴力検査、ティンパノグラム、平衡機能検査(眼振検査)、重心動揺検査、静脈性嗅覚検査、アレルギー採血検査、穿刺吸引細胞診など

検査予約の必要なもの・・・結果報告 後日

造影CT検査、単純および造影MRI検査、唾液腺造影検査、食道透視(嚥下造影)、顔面筋電図および耳小骨筋反射、聴性脳幹反応検査、語音聴力検査、生検など

現在、診療科で重点的に行っている疾患、治療方法、検査方法

検査方法

聴力検査、ABR検査、耳小骨筋反射、重心動揺検査、誘発筋電図、鼻骨骨折整復固定術、細胞診

研修内容

前期研修については大同病院臨床研修プログラムに則り選択科目として耳鼻咽喉科研修を受けることができます。また後期研修に関して、当院は日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設および日本気管食道科学会認定気管食道科専門医研修施設(咽喉系)の認定を受けておりますので、日本耳鼻咽喉科学会認定専門医ならびに日本気管食道科学会認定専門医(咽喉系)の資格を得るのに必要な研修を受けることが可能です。

臨床指標

年間症例数

取扱い症例2013年度2014年度2015年度
扁桃、アデノイドの慢性疾患 67 92 86
扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 38 40 39
顔面神経障害 23 28 24
前庭機能障害 19 19 13
慢性副鼻腔炎 18 34 18
突発性難聴 10 10 12
大唾液腺の良性腫瘍 10 8 16
滲出性中耳炎、耳管炎、耳管閉塞 8 13 14
聴覚の障害 7 5 10
声帯ポリープ、結節 7 13 4
頭頚部悪性腫瘍 1 1

手術件数

  2013年度2014年度2015年度
鼓室換気チューブ留置 19 48 32
鼓膜切開術 11 10 15
耳瘻孔摘出術 3 7 6
鼓膜形成術 - 5 1
鼓室形成術 - 2 -
内視鏡下副鼻腔手術
(うち、ナビゲーション使用)
68
-
86
(15)
86
(34)
下甲介切除術 18 25 24
鼻中隔矯正術 6 13 8
咽頭 扁桃摘出術 132 188 178
アデノイド切除術 40 48 60
舌腫瘍手術 - 3 3
喉頭 喉頭微細手術 9 21 16
唾液腺等 耳下腺腫瘍摘出術 11 4 7
唾石摘出術 - 4 7
顎下腺全摘術 3 1 4
頚部腫瘍摘出術 4 3 2
その他手術 20 347 334
合計 344 589 573

検査件数

 2013年度2014年度2015年度
聴力検査 861 864 940
ABR検査 23 33 26
耳小骨筋反射 32 37 29
重心動揺検査 82 82 66
誘発筋電図 33 39 30
細胞診 32 38 53

 

病診連携

名古屋市南区、緑区、東海市など大同病院周囲の耳鼻咽喉科の先生方と連携し治療にあたっております。とくに頭頚部腫瘍に関しては藤田保健衛生大学耳鼻咽喉科教室のご協力のもと治療を行っております。

院内カンファランス

中部労災病院耳鼻咽喉科、中京病院耳鼻咽喉科、エキサイ会病院耳鼻咽喉科と交代でみなみ名古屋耳鼻咽喉科懇話会を年2回開催し、近隣の耳鼻咽喉科ご開業の先生方と積極的な討議を行っております。

ページの先頭に戻る