診療科目・医療体制

皮膚科

≪お知らせ≫  土曜日診療のご案内

2014年4月より土曜日は医師が1名となりますので、診察可能な方の数を限らせていただきます。特に他院からの紹介状をお持ちの方の診察を優先しますので、当日の受診ができないことがありますが、あらかじめご了承ください。

現在国は地域医療を充実させるため、各医療機関の機能を分化させてそれぞれの協力体制を整備することを求めています。当院は専門的な医療を中心に役割を果たしていきます。日常的な診療は大同病院と連携しているかかりつけ医をご紹介しますのでお申し出ください。
ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力をお願いします。

担当医紹介

部長 鶴田京子

鶴田医師

所属学会 日本皮膚科学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本アレルギー学会、日本研究皮膚科学会、日本美容皮膚科学会、日本小児皮膚科学会、日本東洋医学会 
資格 日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会認定アレルギー指導医・専門医、日本医師会認定産業医
公職・その他 日本皮膚科学会キャリア支援委員会中部支部協力委員
専門領域 皮膚科一般、接触アレルギー、金属アレルギー

スタッフ

氏名所属学会資格専門領域
伊佐見真実子
医長 
日本皮膚科学会
日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会
日本アレルギー学会 
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医 皮膚科一般
接触皮膚炎 
稲葉弥寿子
医師 
日本皮膚科学会
日本アレルギー学会
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
日本アレルギー学会認定アレルギー専門医
皮膚科一般

診療概要

診療体制

月から土曜までの外来診療と、入院診療を行っています。外来診療は、午前は診察、午後は検査・処置診療を行っています。

治療方針

個々の皮膚疾患に対し、必要な検査を行い、正確な診断を下し、治療に望んでいます。

得意分野

皮膚科疾患全般に対応します。

対象疾患

アトピー性皮膚炎、接触皮膚炎、蕁麻疹、尋常性乾癬、皮膚腫瘍、ウイルス性疾患、白癬などの真菌症、その他皮膚感染症、膠原病、悪性腫瘍など

先進的な検査・取り組み

外来検査

皮膚生検

皮膚の病変部の一部を採取し、それをもとに標本を作製し、顕微鏡で組織を観察する病理学的検査です。皮膚の病気は、臨床症状だけでは確定診断できないものや、皮膚症状が似ていてもその発症機序がまったく異なるものが少なくありません。そこで病因を特定して確定診断を下すために、皮膚の一部を用いて病理学的な検査が必要となります。

パッチテスト

主にアレルギー性接触皮膚炎の原因を探るために、原因として疑わしい物質から作成した試料を直接皮膚に貼り、2日後、3日後、7日後に判定する検査です。

プリックテスト

アレルギー性蕁麻疹やアナフィラキシーなどの即時型アレルギーの原因を検索するために行う、アレルゲンを滴下しその部位に専用の針で出血しない程度の傷をつけ反応を見る検査です。

ダーモスコピー

皮膚の腫瘍やホクロなどの色素病変をみる時に、ダーモスコープと呼ばれる特殊な拡大鏡にゼリーをつけ、詳細に観察する検査です。ほくろの癌といわれるメラノーマか、普通のホクロかどうかを判断したり、どのような皮膚の腫瘍なのかを診断したりするときに有用な情報が得られます。

研修内容

当院では研修医2年目に皮膚科を選択した場合、研修することとなっています。外来検査、処置、入院患者の治療、手術などに関与できるよう対応しています。

病診連携

藤田保健衛生大学皮膚科と連携しています。

臨床指標

年間症例数

取扱い症例2014年度2015年度2016年度
帯状疱疹 6 3 23
急性膿皮症 6 2 11
薬疹、中毒疹 3 5 30
皮膚の良性新生物 2 2 3
紅斑症 1 - 6
褥瘡潰瘍 2 - 2
痒疹、蕁麻疹 3 1 6
頭頸部悪性腫瘍 1 2 1
水疱症 1 2 1
皮膚テスト(プリックテストなど) 16 16 14

リンク先

ページの先頭に戻る