診療科目・医療体制

脳外科脊椎センター

脳外科脊椎センターは、背骨(脊椎)とその中にある神経(脊髄、神経根、馬尾神経)、そして末梢神経の障害に伴う手足のしびれや痛み、運動障害、首・背中・腰などの痛みに対する診療を担ってまいります。

担当医紹介

部長 中島康博

中島医師

所属学会 日本脳神経外科学会、日本脊髄外科学会、日本脊髄障害医学会、日本骨粗鬆症学会、日本脊椎・脊髄神経手術手技学会
資格 日本脳神経外科学会認定脳神経外科指導医・専門医、日本脊髄外科学会認定指導医・認定医、日本骨粗鬆症学会認定医
公職・その他 日本脊髄外科学会代議員、日本脊髄障害医学会評議員
専門領域 脳神経外科、脊椎脊髄末梢神経外科

脊椎・脊髄の疾患とその治療方針について

背骨の変形や椎間板の障害は、「病気」というより加齢に伴う変化です。従って高齢化に伴ってそうした疾患に苦しむ方は当然増加してきます。よくある疾患としては、頚椎症や腰部脊柱管狭窄症、頚椎・腰椎椎間板ヘルニア等の脊椎変性疾患や、日本人に多い後縦靭帯骨化症などがあります。また、高齢社会と非常に関連が深い骨粗鬆症性椎体骨折(腰椎圧迫骨折等)の治療にも、積極的に取り組んでまいります。

当センターでは、患者様の身体的負担を最小限にする方法を選択しています。
昨今の脊椎脊髄手術は金属の内固定器具を利用した脊椎固定術が主流です。当科でも脊椎固定術は当然行います。
しかし、曲がった背骨をピンと真っすぐに矯正しなくても、患者様が当面の日常生活を支障なく過ごすことができるのであれば、患者様の年齢や生活状態などを考慮し、障害されている神経をピンポイントで修復するようなリフォーム程度の手術があっても良いと考えております。
低侵襲脊椎脊髄手術は、まさにこのリフォーム手術といえます。

手術治療に関しては、術中神経モニタリングや手術用ナビゲーションシステムを併用し、手術の安全性向上に留意しております。
手術用顕微鏡、経皮脊椎内視鏡を使用した低侵襲手術を基本とし、手術を受けられた患者様ができる限り早く日常生活に戻れるように努めてまいります。

対象疾患 および その手術について

全ての脊椎脊髄手術は患者様の神経症状と画像所見が一致し、外科的治療により患者様の辛い症状が改善できると見立てたときに行います。

手術アプローチには前方、後方、最近では側方とさまざまな選択肢があります。
術式も脊椎固定術(グラついたり、変形した背骨を金属を用いて矯正・固定する術式)から手術顕微鏡や経皮脊椎内視鏡を用いた減圧術(金属で背骨を固定せず、神経組織を圧迫する病巣のみを除去する術式)など多様です。

どの手術方法を選択するかは、神経組織の圧迫のされ方やその程度、背骨の傷み方、患者様が術後に目指すべき生活様式など、個々の患者様に応じて全く異なります。テーラーメイド化された脊椎脊髄手術を行ってまいります。

頚椎症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靭帯骨化症などの頚椎疾患

頚椎前方除圧固定術、経椎体的前方椎間孔拡大術、頚椎拡大椎弓形成術、頚椎後方椎間孔拡大術(顕微鏡的/経皮脊椎内視鏡的)、頚椎後方固定術など

腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎変性すべり症、腰椎変性側弯症などの腰椎疾患

腰椎椎弓切除術(顕微鏡的/経皮脊椎内視鏡的)、腰椎椎間板後方摘出術(顕微鏡的/経皮脊椎内視鏡的)、腰椎後方椎体固定術など

経費内視鏡的椎間板摘出術(PED)

経費内視鏡的椎間板摘出術(PED)
椎間関節からはみ出した髄核を、
ピンポイントに切除します。



脊椎外傷・椎体骨折

バルーン後彎椎体形成術(BKP)、脊椎固定術など

バルーン後彎椎体形成術(BKP)

バルーン後彎椎体形成術(BKP)
脊椎圧迫骨折時に施行する低侵襲術です。経皮的に骨折椎体中にバルーンを挿入し、椎体内で拡張させます。2~3日の入院で済むことが多く、患者様に負担の少ない手術です。



脊髄腫瘍

腫瘍摘出術、脊椎固定術など

天性脊椎疾患(二分脊椎等)

閉鎖術、係留解除、脂肪種切除など(名古屋大学脳神経外科と協力し治療します。)

感染症(化膿性脊椎炎など)

経皮内視鏡的椎間板ドレナージ術、腰椎後方固定術など

絞扼性末梢神経障害

障害された末梢神経の神経減圧術/剥離術など

ページの先頭に戻る