人財・職員募集

当院が求める医師・看護師の募集内容をご案内します。

専攻医(後期研修医)募集

大同病院の新制度専門研修(後期研修)について

行き届いた研修環境、充実した研修資源
大同病院は、専攻医一人ひとりのキャリア形成を支援します

  • 各領域研修プログラムとも少数定員のため、豊富な症例経験と行き届いた研修環境を実現しています
  • 基幹施設として、専門研修で必修となる認定講習会を開催しています。(共通講習・JMECCなど)
  • 国内外問わず学会参加補助制度があります。(年2回 発表を伴うものは上限なし)
  • 国内外の留学支援制度があります。(研修分野で希望する臨床・研究の場での学習・経験機会)
  • 病児を含め、24時間託児保育が可能な施設があります。(大同こども支援センター)
  • 研修修了までのサポートを、卒後研修支援センターが行います。

基幹プログラムの研修

内科

定員5名

プログラムの特徴

  • 基幹施設15か月以上 + 連携施設・特別連携施設6か月以上を含む、合計3年間の研修を行います。
  • 基幹病院だけでも、内科全分野の研修を可能とする診療科と症例数が揃っています。
  • 臨床経験豊かな指導医が揃っており、積極的な指導体制があります。
  • 著名講師を招き横断的に内科力を養成する機会が豊富にあります。
  • 基本とする内科力の充実を計り、3年間での総合内科専門医取得を基本目標とします。
  • 15か月の内科ローテーションと並行し、週1日のsubspecialty研修システムがあり、最短4年でsubspecialty 専門医取得に向けることも可能です。
  • 地域基幹病院として、地域医療連携にも重点を置いた研修を行います。

連携施設

名古屋市立大学病院藤田医科大学病院愛知医科大学病院名古屋市立西部医療センター知多厚生病院

特別連携施設

だいどうクリニック平岩病院山口病院大同みどりクリニック

大同病院内科専門研修ローテーション例(PDF:316KB)
大同病院内科専門研修プログラム(PDF:3MB)

小児科

定員2名

プログラムの特徴

  • 基幹施設18か月以上 + 連携施設・関連施設12か月以上を含む、合計3年間の研修を行います。
  • 新生児期から思春期まで、圧倒的な症例数により幅広い知識を身に付け、偏りのない「子どもの総合医」を育成します。
  • NICU、ICU症例から在宅医療まで幅広い分野の研修を行います。
  • 名古屋市立大学病院ではNICU、リサーチマインド、論文作成、名古屋大学医学部附属病院では血液・悪性腫瘍、静岡県立こども病院ではPICUの研修を行います。

連携施設

名古屋市立大学病院名古屋大学医学部附属病院あいち小児保健医療総合センター静岡県立こども病院

特別連携施設

だいどうクリニックつばさ静岡

大同病院小児科専門研修ローテーション例(PDF:327KB)
大同病院小児科専門研修プログラム(PDF:1.4MB)

総合診療科

定員2名

●総合診療力を徹底的に養う 4年間 のプログラムです。

  • 内科ローテーション12か月以上(基幹施設)
  • 小児科3か月(基幹施設)
  • 精神科1か月(連携施設)
  • 救急科研修6か月(基幹施設)
  • 総合診療部門研修6か月(基幹施設)
    (外科系診療科(一般外科、整形外科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科)専門医による補完研修も可能)
  • 地域医療専門教育2か月(連携施設 / 大学病院)
  • 地域医療連携、在宅医療、地域包括ケア、緩和ケア研修6か月(連携施設)
  • へき地、過疎地域の医療研修12か月(連携施設)

●開業医を含め、地域医療の現場に貢献する総合診療専門医、病院勤務の病院総合医、双方のキャリアを可能としたプログラムです。
●総合診療専門研修4年目では、病院総合専修医1年目としての並行研修が可能です。

連携施設

名古屋市立大学病院知多厚生病院笠寺病院大同みどりクリニック中央クリニック知多厚生病院附属篠島診療所、南高山地域医療センター(高山市国民健康保険 高根診療所朝日診療所久々野診療所)、あいせい紀年病院

大同病院総合診療科専門研修ローテーション例(PDF:107KB)
大同病院総合診療科専門研修プログラム(PDF:2.3MB)

2019(H31)年度 大同病院基幹プログラム 専攻医募集要項

各プログラムとも応募受付中

研修開始日

2019(H31)年4月1日

処遇

身分 常勤嘱託医師
給与 3年次:(基本給)475,000円、(年間賞与)100万円、(年収想定,諸手当含む)約770~920万円
4年次:(基本給)504,000円、(年間賞与)120万円、(年収想定,諸手当含む)約830~990万円
5年次:(基本給)532,000円、(年間賞与)140万円、(年収想定,諸手当含む)約880~1,100万円
保険・福利厚生 社会保険:健康保険、厚生年金、雇用保険
医師賠償責任保険:病院加入(個人加入推奨)
住居:手当あり
休暇・休業・業務免除 年次有給休暇20日/年、夏季休暇6日/年、年末年始休暇5日/年、指定休2日/月、
慶弔休暇、産前産後休暇、育児休業、介護休業、育児・介護必要時の深夜業務免除 等

応募資格

2019年3月31日時点で、初期臨床研修修了予定 または 修了者

プログラム応募・選考

選考方法: 面接、他

一次期間 選考応募期限 2018年11月16日(金)必着
選考日 応募受付次第、随時、個別に選考日を設定します。
プログラム登録 専攻医登録(応募)システムから、11月21日(水)までに当院基幹の各プログラムに登録を行ってください。
選考結果通知 12月21日(水)専攻医システムにより通知予定。
二次期間 (一次期間での応募状況により、実施を検討します。)
三次期間 (未定)

応募書類

  1. 大同病院専門研修基幹プログラム 専攻医申込履歴書(所定書式のダウンロード)
  2. 推薦状(所定書式のダウンロード)
  3. 医師免許証のコピー(A4)
  4. 臨床研修修了見込証明書 または 臨床研修修了登録証

2019年3月31日時点で、大同病院(初期)臨床研修プログラム修了見込みの者については、2~4は不要。

連携プログラムの研修

大同病院で連携研修を行う研修プログラムについてご案内します。
詳細はこちら

3~5年次医師について

その他、3~5年次医師を随時募集しています。

  • やむを得ず専門研修の開始期が遅くなる専攻医もサポートします。
  • 専門研修を希望しない医師についても採用を検討します。
  • 処遇は常勤嘱託医師となり、専攻医処遇に同じとします。

病院総合専修医について

日本病院会認定 病院総合医を育成しています。

  • 卒後6年目以降の医師を対象に、病院総合専修医を募集します。詳細はこちら
  • 処遇は常勤医師となります。

病院見学について

病院見学について・『大同内科』『大同小児科』『大同総診』専門研修のご案内

 

病院見学は随時受け付けています
~研修プログラムは、個々の希望に沿って、しっかりご説明します~

ぜひ一度、当院の後期研修見学にいらっしゃいませんか?
希望診療科や日程調整について、またお電話でのご質問もお気軽にお問い合わせください。

見学希望の方は、メールに下記をお書き添えの上、ご連絡ください。
1)氏名,2)所属,3)卒後何年目か,4)見学希望科,5)見学希望日(第二希望くらいまで),6)ご連絡先メールアドレスおよび携帯電話番号

連絡先

専門研修についての詳細、病院見学などの申し込みは下記までお問い合わせください。

大同病院 卒後研修支援センター
〒457-8511 名古屋市南区白水町9番地
電話番号:052-611-6261(内線3230)
メール:kenshu@daidohp.or.jp
担当:岩田・深田

大同病院 代表電話 052-611-6261

診療予約をご希望の方

052-611-6265
【当日受診の予約】
8:30~11:30
【翌日以降受診の予約】
11:30~17:00
診療受付のご案内はこちら 外来担当医表・休診情報

予防接種をご希望の方

052-611-8650
【当日予約】
8:30~11:30
【翌日以降の予約】
13:00~17:00
予防接種のご案内はこちら

健康診断をご希望の方

052-611-8680
【予約受付時間】
8:30~17:00
健康診断のご案内はこちら インターネット予約[人間ドック・脳ドック]

救急受付24時間365日

場所
B棟1階(東玄関を直進後、B棟に入って右へ)
救急受付のご案内はこちら
医療法人宏潤会のモバイルサイトはこちらからアクセス
ページの先頭に戻る