人財・職員募集

当院が求める医師・看護師の募集内容をご案内します。

初期臨床研修医募集

大同病院の初期臨床研修

臨床研修病院理念

医師としての人格を涵養し、“人のいたみ”のわかる、医療人を育成する

研修医と指導医集合写真(2016年)
2016年研修医と指導医

臨床研修基本方針

  1. 日々の臨床で遭遇する患者や病気に適切に対応できるために、プライマリ・ケアの基本的診療能力を身につける。
  2. 患者の権利を尊重し、安全な医療を提供できる知識・技術を習得する。
  3. 豊富な研修機会と充実した指導体制のもと、積極的・主体的に研鑽する。
  4. 社会人としての自覚を持ち、チーム医療の一員として他職種と協調・協力できる、コミュニケーション能力を身につける。
  5. 信頼される医師として、「思いやり」をもって地域の人々に接する。
  6. 病院全職員が、医師の育成にあたる一員であることを自覚し、指導体制および研修環境の整備、充実に努力する。

研修風景
研修の様子

初期臨床研修プログラムの特徴

  1. 「断らない救急」の実践
    救急外来において患者を断らず引き受けることは、単に症例数の確保ということではなく、病院全体が地域医療にいかに貢献するかという課題の縮図のようなものです。そこで研修医が指導医やコメディカルから教わることは、非常に教訓的で実践的なものになりえます。
    当院は救急患者を1次から3次、産婦・小児から高齢者まで24時間365日の体制で受け入れ、どの診療科においても救急外来の経験を継続的にできるように心がけています。
  2. 臨床研修指導体制の充実
    臨床研修運営の充実を図るため臨床研修管理室に研修評価チーム、研修広報チーム、医学生実習(見学)チーム、JCEPチームを組織化しそれぞれチーム責任者を配置しています。
    一方、臨床研修管理室は研修医の労務管理をはじめ、月1回臨床研修運営委員会を開催し、企画・運営・改善の検討を行い、決定事項を指導医、指導者連絡会議で周知を図っています。
    また、指導体制の強化を図るため、これまで当院単独で2回臨床研修指導医養成講習会を開催しています。現在53名の指導医が在籍し、研修医の指導に当たっています。
    その他、毎年名古屋大学と合同しOSCEを開催しています。
    さらに、自施設で研修医OSCE・基本的臨床能力評価試験を行っています。
  3. 風通しの良い研修環境
    当院で一番自慢できることは、各科間の垣根が低く、研修医は何時でも気軽にコンサルトできることです。コメディカルも、「良質な医療を提供したい」という高い意識のもと、研修医教育に積極的に取り組んでいます。
    医学生にもこのような環境を実習・見学の中で感じ取っていただき、年々実習・見学者および当院研修志望者は増加しています。
  4. 研修医からの声を活かす
    臨床研修医運営委員会、研修医ミーテイング・プログラム責任者による研修医面談で、研修医の要望を聴き、積極的に改善に努めています。
  5. メンター制度の導入
    各研修医にメンターを付け、診療指導をはじめ生活指導やメンタルサポートにいたるまで、研修生活全体を見守るための相談役として位置づけています。

初期臨床研修プログラム

 
1年次 内科
(5ヶ月)
救急科
(1.5ヶ月) 
外科
(1.5ヶ月)
麻酔科
(1.5ヶ月)
小児科
(1.5ヶ月)
整形外科
(1ヶ月) 
2年次 産婦人科
(1ヶ月)
内科
(1ヶ月)
精神科
(0.5ヶ月)
地域医療
(1ヶ月)
選択科 
(8.5ヶ月)

★内科系は、総合内科、循環器内科、呼吸器内科、消化器内科と、2年次に1ヶ月内科を選択。
★救急部門は1・2年次を通し救急センターの当直をもって救急研修とする

Stein先生勉強会
Stein先生勉強会
勉強会写真2
症例検討会

教育

【研修医定期勉強会】

  • 毎週月曜日8:00~:「症例検討会」を実施しており、救急センターで経験した症例を中心に、研修医が交代でプレゼンテーションし、指導医を含めたディスカッションをしています。
  • 毎週木曜日8:00~:NEJM抄読会を実施しています。
  • 毎月1回(不定期):院外講師による「総合内科勉強会」を実施し、総合内科における症例提示の下、診断・治療等のプロセスを学びます。
  • 毎月1回:救急に関わる医師・看護師・コメディカル等で救急搬送された患者さまの症例検討会
  • 隔月:CPC検討会
  • その他:BLS・ACLS・小児救命救急勉強会・画像診断勉強会・等々随時研修を行なっています。
  • 年2回学会参加費を病院が補助します。

招聘医師一覧(定期的に招聘している先生のみ掲載)

  • Gerald H. Stein先生 感染症・臨床免疫学専門医
  • 藤田芳郎先生 中部労災病院 腎臓内科
  • その他、職員全体への講演会、研修会は月1回程度

救急センター

救急センターでは、救急車からの受け入れ要請は全て受けています。ここでは、内科医、外科医、小児科医、1年次研修医、2年次研修医と看護師3名、検査技師、放射線技師、薬剤師各1名、事務員2名体制で運営しています。救急患者さまは、1日50名~60名であらゆる救急疾病が経験できます。

卒後臨床研修評価機構の認定

卒後臨床研修評価認定証2016当院は、卒後臨床研修評価機構の定める基準に達している病院として認められています。
2017年2月1日に、4年認定を受けました。


 

メッセージ

待遇など

待遇

 
給与 1年次:月額45万円、2年次:月額50万円(当直手当てを別途支給)
賞与 80万円/年
身分 常勤医師
福利厚生 社会保険加入(労災・厚生年金・健康・雇用)、 医師賠償責任保険加入
休暇 年次休暇20日、夏休6日、年末年始休み5日、指定休2日/月

研修医のその他風景1
野球観戦
研修医のその他風景2
歓迎会

その他

2018(H30)年度初期臨床研修医 募集要項

提出締切日

2017年7月28日(金)

提出書類

選考日

2017年8月4日(金)、5日(土)
両日とも都合の悪い方は選考日を調整しますので提出締切日(7月28日)までにご連絡ください。 

選考方法

面接

お問い合わせ先

卒後研修支援センター 深田
電話番号:052-611-6261(代表)
メールアドレス:e-fukada@daidohp.or.jp

大同病院 代表電話 052-611-6261

診療予約をご希望の方

052-611-6265
【当日受診の予約】
8:30~11:30
【翌日以降受診の予約】
11:30~17:00
診療受付のご案内はこちら 外来担当医表・休診情報

予防接種をご希望の方

052-611-8650
【当日予約】
8:30~11:30
【翌日以降の予約】
13:00~17:00
予防接種のご案内はこちら

健康診断をご希望の方

052-611-8680
【予約受付時間】
8:30~17:00
健康診断のご案内はこちら インターネット予約[人間ドック・脳ドック]

救急受付24時間365日

場所
B棟1階(東玄関を直進後、B棟に入って右へ)
救急受付のご案内はこちら
医療法人宏潤会のモバイルサイトはこちらからアクセス
ページの先頭に戻る