患者さまへ

救急診療、外来、入院、健康診断、予防接種などをご案内します。

病院からのお願い

患者さまおよびご家族の安全対策18か条

当院では常に安全・安心な治療の提供に努めています。安全・安心な医療は医師、看護師等だけでなく、患者さま、ご家族の方々と一緒に行うことでより確かになります。患者さま・家族の皆様へのお願いとして「患者さまおよびご家族の安全対策18か条」を作成しましたのでよくお読みください。

1.医師、看護師から説明を聞く場合のお願い

  • 医者と看護師診断・検査・治療などで分からないことは、医師または看護師にお聞きください。
  • 質問したいことをあらかじめ紙に書いておくと便利です。医師に渡してくださっても結構です。
  • 説明を聞くときには、大事なことはメモにとって確認しましょう。
  • 説明時のわからない言葉(専門用語)や内容がある場合は、遠慮せず納得できるまで何度も説明を受けてください。
  • 入院時、退院時、症状が大きく変わった時には、医師に今後の見通しや方針を確認しましょう。また、医師からの病状説明のためご家族の来院を求めたときは、時間調整の協力をお願いします。
  • 担当医からのまとまった説明を聞きたい時には、ご希望の日時を看護師にお話してください。担当医に連絡し、説明日時の予約(アポイントメント)をとります。

2.患者さまご自身の病気に関する情報を自分から伝える

  • 今までにかかった病気、現在も治療している病気(現在の飲んでいる薬・お薬手帳・注射など)については、今後の治療の大切な資料になりますので入院時にお知らせください。
  • 患者さま自身が感じる症状はどんな小さなことでもお話ください。治療をしている中で変化してきた症状もそのつど医師や看護師にお知らせください。

3.医療者と良い関係つくり

  • 良い関係を作るためには、日常のあいさつを交わすことが大切です。良い関係が作られれば質問もしやすく、信頼できる医療が受けられます。

4.医療にも不確実なことや限界があります

  • 治療を行う場合、最善の注意と努力をはらいますが、絶対はないことをご理解ください。
  • どのような治療にも副作用、合併症のリスクがあります。(有益だけの治療はなく、小さなことでも不利益になることは必ずあります)

5.治療方針を決めるのは患者さまご自身です

  • 医療者が良いと考える治療であっても治療方法を決めるのは患者さま自身です。そのためにも患者さまからも情報の提供をしていただき、納得のいく説明を受けてください。
  • 輸血に関する希望、宗教上のこと、ドナーカード、人工呼吸器の使用など、意思表示のある場合は明確に表示してください。
    患者さま自身の意思表示が明確かつ有効な場合は、その意思を尊重します。本人の意思表示が不明なときは、ご家族の希望をお聞きします。ただし、救命医療が最優先されます。

6.セカンドオピニオン

  • 入院中または退院後に「主治医の説明だけでなく、他病院の医師の意見も聞いてみたい」ということがありましたら、主治医または看護師にお話してください。
    紹介状をお書きし、レントゲンフィルムなどの貸し出しやコピーも可能です。

7.かかりつけ医との協力

  • かかりつけ医がある場合は、お申し出ください。かかりつけ医に今までの処方内容をお聞きすることもあります。

8.患者さま氏名の誤認・点滴や投薬の誤り・左右の誤り、輸血事故の防止への協力

  • 点滴患者さま確認の精度を上げるため、入院時より認証バンドを装着させていただきます。
  • できる限りご自分から氏名を名乗ってください。点滴ボトルや内服薬などにご自分の氏名が書いてあるかどうか、できれば確認してください。
  • 輸血のときは、自分の血液型をできる限り確認してください。輸血の前後に体調不良などがあれば、医師や看護師にお話してください。

9.転倒・転落などの危険防止

  • 患者さまの状態・疾患によっては、転倒・転落の危険が生じることもあります。危険が予想される場合、ご家族の協力をお願いすることもあります。必要に応じてベッドの工夫、薬剤投与を行い、さらに同意をいただいた上で抑制などの危険防止対策を行います。

10.医療従事者が医療行為をしているときの注意

  • 通常の医療行為の立会いは場合によっては可能です。
    ただし立会い中は医療従事者が集中して医療行為を行っているので、話しかけたり動きまわることは医療行為の妨げになり、検査・治療を受けている患者さまの危険が増してしまいます。患者さまやご家族の皆様は、このようなことについてご理解くださり、医療従事者の指示に従ってください。
  • 救命処置中や患者さまが亡くなられそうになっている時の、処置に同室を希望されるときは遠慮なくお知らせください。

11.院内感染防止

  • 医療従事者は院内の感染防止対策マニュアルにしたがって医療行為を実施しています。病院内にはいろいろな病原菌をもった患者さまが入院しています。重症患者さま、抵抗力の弱い患者さまは、感染しやすい状態になっています。
  • 病室によっては、感染防止策についてご家族にも協力をお願いすることがあります。方法は看護師が説明します。
  • 乳幼児同伴での面会は控えてください。また、体調のすぐれない方も面会はお止めください。

12.入院患者さま全員の安全確保

  • 自分だけではなく、他の患者さんのこともお考えください。医療従事者は入院患者さま全員の安全確保という考えで行動しています。

13.不安がある、痛みがひどいとき、苦しいとき

  • 遠慮なく医師や看護師にお話ください。できるかぎり対応します。
    ただし、薬の投薬量には限界があること、病態によっては投薬できない場合があることをご理解ください。
  • 病状や不安の内容によっては、他の医療機関を紹介させていただくこともあります。

14.他科受診の希望

  • 院内の他の診療科を受診したい時には、医師や看護師にお話ください。必要性や緊急性を考慮して、主治医が他科受診依頼を行います。退院後にクリニックを受診していただくこともあります。

15.回診時間

  • 回診時間は診療科によって異なります。お知りになりたいときには、主治医または病棟看護師にお聞きください。

16.患者相談室

  • 入院に際し、「不明・不安・不満なことがあり、まず相談にのってほしい」ということがありましたら、クリニック2階相談室でお話を伺います。
  • 入院後の相談は、各病棟の看護師長へ申し出ください。
  • 治療・処置等の医療に関することで相談がある場合は「患者医療相談窓口」へご相談ください。
  • 医療制度、経済的な問題、転院や退院後の相談援助は専門職員である医療ソーシャルワーカーが行います。

17.皆様のご意見・ご要望をお聞かせください

  • 病院に改善を求めたいことがありましたら、ご意見箱を院内各所に設置しておりますので、なんなりとご投函ください。

18.その他

  • 注射器病院内に不審者・不審物を発見した時には、病院職員にすぐ連絡してください。
  • 危険防止のためナイフ・ハサミ類・ライターの持ち込みはご遠慮ください。
    そのほか持込禁止物品がありますのでご注意ください。
  • 医療従事者が患者さま・ご家族から暴力・暴言・セクハラなどを受けた場合には、当院の規定により対処いたします。また院内飲酒・酒気帯び・院内喫煙などを発見した場合にも当院の規定により対処いたします。ご理解ください。
  • 病院、クリニック、クリニック駐車場など敷地内は全面禁煙となっていますのでご協力ください。院内に喫煙場所はありませんので、ご理解ください。

当ページの内容をPDFでまとめたものをダウンロードいただけます。

大同病院 代表電話 052-611-6261

診療予約をご希望の方

052-611-6265
【当日受診の予約】
8:30~11:30
【翌日以降受診の予約】
11:30~17:00
診療受付のご案内はこちら 外来担当医表・休診情報

予防接種をご希望の方

052-611-8650
【当日予約】
8:30~11:30
【翌日以降の予約】
13:00~17:00
予防接種のご案内はこちら

健康診断をご希望の方

052-611-8680
【予約受付時間】
8:30~17:00
健康診断のご案内はこちら インターネット予約[人間ドック・脳ドック]

救急受付24時間365日

場所
B棟1階(東玄関を直進後、B棟に入って右へ)
救急受付のご案内はこちら
医療法人宏潤会のモバイルサイトはこちらからアクセス
ページの先頭に戻る