患者さまへ

救急診療、外来、入院、健康診断、予防接種などをご案内します。

特定健診・特定保健指導

2008年4月から40歳以上の被保険者・被扶養者に対して、メタボリックシンドロームの概念を取り入れた生活習慣病予防のための特定健診・特定保健指導が実施されました。
日頃の生活習慣に気をつけるとともに、年に一度は健診を受け、ご自身の健康状態を把握していきましょう。

特定健診について

特定健康診査とは、日本人の死因の6割を占める生活習慣病(心臓病・脳卒中など)の前段階であるメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を中心とし、該当者または予備群となる方を、早期発見して改善を行うための健診のことです。
生活習慣病の発症には、メタボシックシンドロームが関係していることが多く、より効果的に生活習慣病を防ぐために、それに着目した健診が行われることになりました。

検査内容

健診・検査項目内容対象
特定健診 問診・身体計測・腹囲・血圧測定・尿検査・肝機能検査・血液脂質検査・血糖検査
※従来の健診項目に、メタボリックシンドロームの危険因子を調べる項目が加わります。
・40歳~74歳までの保険加入者本人(被保険者)
※健康保険、船員保険、各共済組合、国保などにご加入の方
・40歳~74歳までの被扶養者
・40歳~74歳までの被保険者の扶養家族の方

※検査項目は各健康保険組合により異なります。
※別途オプション検査を追加できます。

ご予約について

だいどうクリニックは、予約制となっておりますので、事前に電話でご予約ください。
受診当日は、保険証と受診券を必ずお持ちください。
※ご加入の健康保険組合や、企業によって受診券が発行されない場合もあります。

ご予約・お問い合わせ

特定保健指導について

特定保健指導とは、メタボリックシンドロームの該当者・予備群を対象とした生活習慣病改善支援です。 2008年の4月からメタボリックシンドロームの予防、改善に重点を置いた、生活習慣病予防のための特定保健指導が、各医療保険者に義務化されました。
特定健診で生活習慣病の危険が見つかった人には、予防のために、生活習慣改善のための専門家(医師・保健師・管理栄養士など)のサポートが受けられます。
健診の結果により以下の区分にわかれます。

特定保健指導の図

※特定保健指導は、ご加入の健康保険組合や企業により、自己負担金が発生する場合がありますので、ご加入の健康保険組合または企業にお問い合わせください。

ページの先頭に戻る